【センター試験2019】東進「センター試験本番レベル模試」4/22、解説授業あり

 受験生と新高校3年生(現高校2年生)が対象だが、新新高校2年生も受験することができる。東進生以外の一般受験料は5,400円(税込)で、4月19日まで受け付ける。

教育・受験 高校生
 東進は2018年4月22日、東進ハイスクール各校舎および東進衛星予備校各校舎において「センター試験本番レベル模試」を実施する。

 受験生と新高校3年生(現高校2年生)が対象だが、新新高校2年生も受験することができる。東進生以外の一般受験料は5,400円(税込)で、4月19日まで受け付ける。

 結果は16ページにわたる成績表が1週間で返却される。絶対評価のため、合格まで必要な点数が明確になるという。また、受験生は解説授業を無料で受講できる。

 「センター試験本番レベル模試」は年に4回実施され、今回はその2回目。今後は8月26日と12月16日に実施される予定だ。

◆センター試験本番レベル模試
実施日:2018年4月22日(第2回)
対象:受験生・新高3生(現高2生)、新高2生(現高1生)も可
試験会場:東進ハイスクール各校舎・東進衛星予備校各校舎
一般生受験料:5,400円(税込)
・出題範囲
英語: 「コミュニケーション英語I」に加えて、「コミュニケーション英語II」および「英語表現I」を出題
数学I・A:全範囲
数学II・B:全範囲(確率分布と統計的な推測を除く)
国語:国語総合の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文・漢文)を出題(現代文のみの受験も可能)
理科:各科目とも全範囲
地理歴史・公民:各科目とも全範囲
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)