鈴鹿8時間耐久ロードレース、2018年は10・20代にアピール

 鈴鹿サーキットは、2018年7月26日から29日に開催する「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」のコミュニケーションテーマを「#ハンパない!」に決定した。

趣味・娯楽 高校生
#ハンパない!(イメージ)
  • #ハンパない!(イメージ)
鈴鹿サーキットは、7月26日から29日に開催する「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」のコミュニケーションテーマを「#ハンパない!」に決定した。

鈴鹿8耐では、18~22歳の若者が無料で観戦できる「ヤング割0円キャンペーン」やレースだけではないバイクの魅力を届けるためFMXパフォーマンスを実施。また2017年に初開催したロックフェス「8フェス」など、鈴鹿8耐の魅力を次世代へ届けるため、さまざまな取り組みを実施してきた。

2018年は、その取り組みをさらに発展させ、「#ハンパない!」をテーマに、10代・20代を中心とした若年層に向けたイベントコンテンツの充実、公式ウェブサイトのコンテンツや事前のSNSキャンペーンを「ハンパない」規模で展開していく。

なおヤング割0円キャンペーンは5月25日より受付を開始。またその他各種チケットは4月28日10時より、オンラインショッピングサイトや各コンビニエンスストアなどで発売する。

また、3月23日から25日に東京ビッグサイトで行われる「東京モーターサイクルショー2018」に鈴鹿8耐PRブースを出展。8フェスをはじめとするイベント情報の一部は、最終日の3月25日13時30分より行うステージイベント内で発表する。

鈴鹿8耐、今年の夏は「#ハンパない!」 若年層向けイベント充実へ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)