アライドテレシス、米Norwich大学と連携…教育事業に参入

教育業界ニュース その他

アライドテレシス
  • アライドテレシス
アライドテレシス株式会社は3月7日、米バーモンド州ノースフィールドのNorwich大学と連携し、サイバーセキュリティ教育研修事業、およびぺネトレーションテストラボによるサイバーセキュリティ研究開発を開始すると発表した。同大学の応用研究所(NUARI:Norwich University Applied Research Institutes)との連携により、さまざまな組織の各層に応じてサイバーセキュリティコンピテンシーを提供するため、教育研修関連事業を開始する。

研修やトレーニングは、NUARIが開発したWebカンファレンスツール「DECIDE Platform」を使用し、サイバーセキュリティ対策としての演習を行う。DECIDE Platformは、サイバー脅威・インシデントに対応したさまざまなシナリオで、オンライン上の動的な環境でシミュレーション演習を実施する。これにより参加者は、意思決定スキルを向上させ、脅威に対して速やかに適切な対応ができるようになるという。

また、ぺネトレーションテストラボとして「アライドテレシス サイバーセキュリティラボ」を2018年第1四半期に開設し、顧客のネットワークの脆弱性診断と、それによるセキュリティインシデント発生の可能性・影響度などをこれまでのデータを元に検証し、適切な対策などを研究開発していく。

米大学の研究所と連携し教育事業に参入、ペネトレーションラボも開設(アライドテレシス)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)