神奈川県、電子学校健康手帳スタート…学校健診も記録

 神奈川県は2018年4月5日、健康管理アプリ「マイME-BYO(みびょう)カルテ」に学校健診の結果を記録する電子学校健康手帳の取組みを開始した。子どもの健康記録がスマートフォンなどで一括管理でき、成長記録もグラフで確認できる。

生活・健康 保護者
 神奈川県は2018年4月5日、健康管理アプリ「マイME-BYO(みびょう)カルテ」に学校健診の結果を記録する電子学校健康手帳の取組みを開始した。子どもの健康記録がスマートフォンなどで一括管理でき、成長記録もグラフで確認できる。

 「マイME-BYOカルテ」は、健康情報をパソコンやスマートフォンを通じて管理・閲覧できる神奈川県運営のアプリ。服用している薬の情報、薬による副作用、アレルギー、かかった病気、ワクチン接種歴などを登録し、外出先などどこからでも見ることができる。データで管理するため、災害時なども効果を発揮するという。

 4月5日からは新たに電子学校健康手帳の取組みをスタート。学校で受診する健康診断結果がアプリに記録できるようになり、学校健康手帳が手元にないときでも、スマートフォンで簡単に子どもの健診結果や成長曲線を確認できる。

 学校健診を含めた子どもの健康記録を一括で記録・管理でき、成長記録もわかりやすくグラフで表示。電子母子手帳アプリや母子健康手帳アプリとも連携しているほか、神奈川県や居住する市町村などから健康情報や子育て情報をアプリで受け取ることができる。

 「マイME-BYOカルテ」の利用には登録(無料)が必要。スマホアプリは、App StoreもしくはGoogle Playから無料でダウンロードできる。動作環境はiOS8.0以上、Android4.3以上。パソコン(Webブラウザ)版もあり、スマホアプリで記録したデータはWebブラウザ版からも確認・記録できる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)