サッカー対戦できるロボット「サッカーボーグ」4/26発売

趣味・娯楽 小学生

タカラトミー「サッカーボーグ」
  • タカラトミー「サッカーボーグ」
  • 「サッカーボーグ」商品ポイント
 タカラトミーは、本格的なサッカー対戦ができるラジオコントローラーロボット「サッカーボーグ」を2018年4月26日に発売する。希望小売価格は単体が4,500円(税別)。ワールドサッカーボーグカップを6月に開幕し、優勝チームは武田修宏氏と対戦ができる。

 サッカーロボット「サッカーボーグ」は、実際にサッカーをするように家の中でもサッカーを楽しめるロボットを目指して企画開発された。ロボット玩具「オムニボット」シリーズの最新作。日本だけでなく、世界中のサッカーファンに楽しんでもらいたいと、日本を皮切りに香港、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダの世界10の国と地域でも発売する。

 サッカーファンを熱くさせる要素として、「スピード感」「左右の足で異なる弾道のシュート」「ドリブル突破を含めたデュエル(1対1のボールの奪い合い)」などの機能を多数取り入れている。また、ブレードをつけることで「ドリブル」をスムーズに行うことができる。

 1対1だけでなく、複数人でチーム対戦もできる。チームごとにペアリングできるため、機体同士が混線することなく、最大11対11の大人数によるチーム対戦が可能。年齢、体格、運動能力などに関わらず、さらには国境を越えて誰でも対等に対戦して楽しめる。

 希望小売価格は、「ヒノタマレッド」「カナリアイエロー」「ウォールブラック」の3種が各4,500円(税別)。限定のレッドボールが付属した「日本代表ver.」が5,000円(税別)、マタドールレッドとリバティブルーの2体セット「キックオフセット」が8,500円(税別)。対象年齢は6歳以上。全国の玩具専門店や百貨店・量販店などの玩具売場、インターネットショップなどで販売する。

 YouTuberを起用したサッカーボーグの大会「ワールドサッカーボーグカップ」が2018年6月に開幕予定。YouTuber8チームが参加し、4チーム対4チームの対抗戦を実施する。熱戦を勝ち抜いたチームのリーダーは、元サッカー日本代表選手の武田修宏氏が率いるチームとエキシビションマッチに挑む。

 オムニロボットシリーズは、1984年に当時のトミーが発売した本格的なホームロボットシリーズの総称。「ロボットとの暮らし」を身近なものにしたロボットを展開し、「アームトロン」「KI・KU・ZO」などトミーロボットシリーズや、オムニボットシリーズの進化版「i-SOBOT(アイソボット)」など、さまざまなロボットを提供してきた。2014年からこれまでに18種が発売されている。

◆サッカーボーグ
希望小売価格:「ヒノタマレッド」「カナリアイエロー」「ウォールブラック」の3種が各4,500円、「日本代表ver.」が5,000円、「キックオフセット」が8,500円(いずれも税別)
発売日:2018年4月26日(木)
対象年齢:6歳以上
商品内容:サッカーボーグ単品・日本代表ver./本体1、コントローラー1、ボール1、ブレード2、ゴールシートA、B各1、シール1、取扱説明書1
キックオフセット/本体2、コントローラー2、ボール2、ブレード4、ゴールシートA、B各2、シール1、取扱説明書1
商品サイズ:(W)125×(H)95×(D)75mm(本体サイズ)
使用電池:単4形アルカリ乾電池5本(別売、本体に3本、コントローラーに2本必要)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)