東京都「中学生の主張 東京都大会」作文募集、7/20締切

 東京都は、2018年9月9日に開催される「中学生の主張 東京都大会」の作文(スピーチ原稿)を募集している。発表者に選ばれた中学生は、東京都大会でスピーチを行う。東京都大会で知事賞(最優秀賞)を受賞した者は、全国大会に推薦される。締切りは7月20日(必着)。

教育イベント 中学生
中学生の主張 東京都大会
  • 中学生の主張 東京都大会
  • 東京都
 東京都は、2018年9月9日に開催される「中学生の主張 東京都大会」の作文(スピーチ原稿)を募集している。発表者に選ばれた中学生は、東京都大会でスピーチを行う。東京都大会で知事賞(最優秀賞)を受賞した者は、全国大会に推薦される。締切りは7月20日(必着)。

 「中学生の主張 東京都大会」は、中学生が広い視野と柔軟な発想や創造性などとともに、物事を論理的に考える力や、自らの主張を正しく伝え、理解する力などを身に付けることなどを目的に行われる。2017年度の大会では、7,781人の中学生から応募があった。

 応募課題は、「社会や世界に向けての意見、未来への希望や夢、提案など」「家庭、学校生活、社会(地域活動)および身の回りや友達との関わりなど」「テレビや新聞などで報道されている社会のさまざまなできごとに対する意見や感想、提言など」のような内容で作文する。心からの思い、考えたことや感銘を受けたことなどを自由でユニークな飾り気のない言葉でまとめることとしている。

 応募作品の中から、東京都大会発表者10名および努力賞10名を事前審査にて決定し、発表者10名に選ばれた者は東京都大会で応募作品のスピーチを行う。大会当日は、審査員の協議で知事賞1名、東京都教育委員会賞2名、優良賞7名を決定する。知事賞受賞者は「第40回少年の主張全国大会 わたしの主張2018」の東京都代表として推薦される。

 対象は、東京都内に在住または在学の中学生およびそれに相応する学籍または年齢にある者。なお、応募作品については日本語で発表できることが必須である。作品は郵送、交換便、もしくは都庁への持参で受け付ける。参加費は無料。締切りは7月20日(必着)。

◆中学生の主張 東京都大会
日時:2018年9月9日(日)
会場:東京都庁(東京都新宿区西新宿2-8-1)大会議場
対象:東京都内に在住または在学の中学生およびそれに相応する学籍または年齢にある者
※なお、応募作品については日本語で発表できること
締切:2018年7月20日(金)必着
参加費:無料
申込方法:郵送、交換便、もしくは都庁への持参で申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)