JAL×ベネッセ、親子でゆく空の旅を応援…しまじろう機内サービスなど

趣味・娯楽 未就学児

JAL×ベネッセ「こどもちゃれんじ」共同プロジェクト
  • JAL×ベネッセ「こどもちゃれんじ」共同プロジェクト
  • JAL×ベネッセ「こどもちゃれんじ」共同プロジェクト 実施プログラム一例
  • 2018年4月25日からはJALマイレージバンクカードに「しまじろうカード」が仲間入り (c) Benesse Corporation
  • 2018年7月には機内限定で「しまじろう」「みみりん」「JAL機」の3点セットのぬいぐるみの販売を開始する (c) Benesse Corporation
 日本航空(JAL)とベネッセコーポレーションは、ベネッセが提供する幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」の30周年を記念して、“親子で子どもの成長を実感できる快適な旅”を届ける共同プロジェクトを2018年春よりスタートすると発表した。

 子どもとの旅は、子どもの好奇心を広げ、新たな成長を促す特別な機会である一方、公共交通手段を使っての移動時間が悩みの種。そこで、JALとベネッセは、親子が安心して快適な旅を過ごせ、親子の旅が思い出に残る特別な時間となるようなプログラムを4月より随時実施していくとしている。

 JAL機内誌の「SKYWARD」では、その場でできる簡単な親子遊び講座の連載を開始。乗り物での移動中や待ち時間などを親子の楽しい時間に転換するような簡単な遊びを提案する。4月25日からはJALマイレージバンクカードに「しまじろうカード」が仲間入り。12歳以下の子どものみ申し込める限定デザインで、JALグループ便搭乗時に子どものマイルを貯めることができる。

 5月からは「しまじろう」の新しい機内サービスもスタート。子どもの搭乗時に、機長の制服を着たしまじろうと客室乗務員姿のみみりんのペーパークラフトをプレゼントするほか、機内エンターテインメントにしまじろうの番組が新たに加わり、機内での楽しい時間を演出する。

 7月には機内限定で「しまじろう」「みみりん」「JAL機」の3点セットのぬいぐるみの販売を開始するほか、2018年秋にはしまじろうデザインのJAL機が就航予定。秋にはデザインが発表される予定だ。今回の共同プロジェクトにより、JALは幼少期からのJAL利用経験やブランドイメージの深化をはかり、ベネッセは「こどもちゃれんじ」のブランド接点の拡大をはかっていきたいとしている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)