eポートフォリオ活用事業「Feelnote School」5月より協働校を再募集

 サマデイは、2018年1月より公教育向けに無償提供を開始したSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」の活用推進プロジェクト「Feelnote School」の協働校の募集受付を2018年5月より再開する。

教育業界ニュース 教育ICT
Feelnote School協働校
  • Feelnote School協働校
  • Feelnote
  • Feelnote
  • Feelnote
  • サマデイ
 サマデイは、2018年1月に公教育向けに無償提供を開始したSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」の活用推進プロジェクト「Feelnote School」の協働校の募集受付を2018年5月より再開する。

 「Feelnote」は、SNSで体験をシェアする感覚でライフログを蓄積することで、気軽にポートフォリオが作成できるシステム。2018年1月より、iOS・Android対応のアプリをリリースし、新機能の追加など継続的な開発を行っている。

 Feelnoteは国際特許を取得しており、ハーバード大学やプリンストン大学など、米国の有名大学が採用している。加えて、日本の大学に展開予定の入試システム「Universal College Application」と連携する公認システムでもある。また、文部科学省の大学入学者選抜改革推進委託事業「JAPAN e-Portfolio」との連携も今後予定している。

 「Feelnote School」は、Feelnoteを広く活用できるものとすることで「脱ガラパゴス」の教育改革を推進することを目的としたプロジェクト。加盟校は全国の小中高大約30校。各現場でeポートフォリオ活用の実践的な取組みを進めながら、定期的に相互の経過報告を行う。2月から4月までの期間は、初期約30校との協働に注力するため新規参入を受け付けていなかったが、多くの要望を受けて5月より募集を再開する。

 プロジェクトへのエントリーには「教育ポートフォリオ」研究会への参加が必要。「教育ポートフォリオ」研究会の5月開催回はすでに定員締切となったため、6月・7月に追加回が設定された。

 「教育ポートフォリオ」研究会の参加申込は、日本アクティブラーニング協会のWebサイトにて受け付けている。会場によって開催日時と定員が異なるため確認が必要。参加は1校2名まで。定員に達し次第、受付終了となる。

◆「教育ポートフォリオ」研究会
対象:小学校・中学校・高等学校教員・教育委員会・そのほか教育関係者
※当日名刺持参必須
参加費:無料(交通費は各自負担)
※参加は1校2名まで
※定員に達し次第、受付終了
※2018年4月27日(金)、5月12日(土)、5月19日(土)、6月16日(土)の回は締切済

【東京会場】
日時:
2018年6月9日(土)14:00~17:00(開場13:30)
2018年7月28日(土)14:00~17:00(開場13:30)
会場:研修スペース「The Gallery(ザ・ギャラリー)」(東京都千代田区六番町12-6 サマデイ内)
募集人数:各回25名(先着順)

【大阪会場】
日時:2018年7月7日(土)13:30~17:00(開場13:00)
会場:調整中(申込者に追って連絡)
募集人数:50名(先着順)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)