【夏休み2018】JAXA「エアロスペーススクール」参加高校生を募集

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2018年7月より全国5会場で開催する宿泊プログラム「エアロスペーススクール2018」において、高校生を対象に参加者を募集している。申込みは、宇宙教育センターのWebサイトにて受け付けている。締切りは6月2日午後10時(必着)。

教育イベント 高校生
エアロスペーススクール2018
  • エアロスペーススクール2018
  • エアロスペーススクール2018
  • 宇宙教育センター
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2018年7月より全国5会場で開催する宿泊プログラム「エアロスペーススクール2018」において、高校生を対象に参加者を募集している。申込みは、宇宙教育センターのWebサイトにて受け付けている。締切りは6月2日午後10時(必着)。

 「エアロスペーススクール」は、全国にあるJAXAの事業所を会場とし、高校生がチームで協力して「宇宙ミッション」に取り組む宿泊プログラム。宇宙航空や地球環境に対する青少年の意識を高め、「好奇心・冒険心・匠の心」を基盤に、より良い未来を築いていく人材の育成を目的として実施する。

 2018年度は、調布・大樹・角田・名古屋・筑波の全国5会場で開催する(種子島でも実施予定だが、開催日は未定)。会場となるJAXAの各事業所では、それぞれの特色を生かしたテーマが設定されている。たとえば、調布の事業所では「航空技術研究」、大樹の事業所では「宇宙科学実験」など。プログラムの参加希望者は、興味のあるテーマや開催地を選んで応募することができる。複数の会場への応募も可能だが、複数のプログラムへの参加はできない。また、希望順などの指定も受け付けていない。

 過去の参加者からは、「素晴らしい仲間、素晴らしい講師の方々、素晴らしい環境の中で、学ぶことが大いにある」「宇宙が大好きというわけでなくても、自分の世界を広げたい、自分を変えたいと思っている人はぜひ応募するべきだと思います」などの声が寄せられている。

 開催日時や宿泊日数、定員、参加費などは会場によって異なるため確認が必要。詳細は、宇宙教育センターのWebサイトにて確認できる。申込みは、Webサイトの各エアロスペーススクールのページ内応募フォームにて受け付けている。締切りは6月2日午後10時(必着)。

◆エアロスペーススクール2018
対象:応募締切日時点で、日本国内の高等学校、中等教育学校後期課程(4~6学年)または高等専門学校(1~3学年)に在籍する生徒および学生
応募資格:希望スクールプログラムの全日程に参加できること
締切:2018年6月2日(土)22:00(必着)
申込方法:宇宙教育センターWebサイトの各エアロスペーススクールのページ内応募フォームから申し込む
※応募多数の場合、応募動機400字による書類選考となる
※参加費は宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ(集合・解散場所から自宅までの交通費は自己負担)

【調布会場】
開催日時:2018年7月25日(水)~7月27日(金) 2泊3日
会場:JAXA調布航空宇宙センター
集合場所:吉祥寺第一ホテル(11:00)
募集人数:20名
参加費:3万円程度

【大樹会場】
開催日時:2018年7月26日(木)~7月29日(日) 3泊4日
会場:JAXA大樹航空宇宙実験場、大樹町宇宙交流センターSORAほか
集合場所:とかち帯広空港1階到着ロビー(14:00)
募集人数:20名
参加費:2万円程度

【角田会場】
開催日時:2018年7月31日(火)~8月2日(木) 2泊3日
会場:JAXA角田宇宙センター
集合場所:JR東北本線「船岡駅」(12:30)
募集人数:12名
参加費:2万3,000円程度

【名古屋会場】
開催日時:2018年8月7日(火)~8月10日(金) 3泊4日
会場:JAXA名古屋空港飛行研究拠点、名古屋大学、名古屋市科学館、三菱重工業
集合場所:名古屋市科学館(13:00)
募集人数:24名
参加費:3万5,000円程度

【筑波会場】
開催日時:2018年8月20日(月)~8月23日(木) 3泊4日
会場:JAXA筑波宇宙センター
集合場所:JAXA筑波宇宙センター(12:30)
募集人数:24名
参加費:3万円程度
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)