子どもの就活、45.5%が「親確」に悪い印象

教育・受験 大学生

就職活動中の新卒学生の親だった場合、どのようなスタンスで子どもに接するか
  • 就職活動中の新卒学生の親だった場合、どのようなスタンスで子どもに接するか
  • 内定者だけではなく親にも入社承諾の確認をとる「親確(オヤカク)」を行う採用企業に対してどんな印象を持つか
  • オヤカクへの印象(就活アドバイスのスタンス別比較)
 しゅふJOB総研は2018年5月7日、「就活アドバイスとオヤカク」についての調査結果を発表した。内定者だけではなく親にも入社承諾の確認をとる「親確(オヤカク)」を行う採用企業に対して、45.5%が悪い印象を持っていることがわかった。

 主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関しゅふJOB総研は、ビースタイル登録者と求人媒体「しゅふJOBパート」登録者を対象に子どもの就活への関わり方についてのアンケートを実施し、712人の有効回答を得た。調査実施期間は2018年3月14日~3月28日。

 就職活動中の新卒学生の親だった場合、どのようなスタンスで子どもに接するか聞いたところ、「求められたらアドバイスしたい」66.7%と「積極的にアドバイスしたい」15.0%の計81.7%がアドバイスしたいと回答した。一方、「よほど困っているとき以外はアドバイスしない」14.3%、「一切アドバイスはしない」2.8%、「その他」1.1%だった。

 内定者だけではなく親にも入社承諾の確認をとる「親確(オヤカク)」を行う採用企業に対してどんな印象を持つか聞いたところ、「良い印象を持つ」3.5%と「どちらかと言えば良い印象を持つ」14.9%の計18.4%が良い印象を持っている。一方、「悪い印象を持つ」15.6%と「どちらかと言えば悪い印象を持つ」29.9%の計45.5%が悪い印象を持っている。また、36.1%は「良い悪いどちらとも言えない」と回答した。

 フリーコメントでは、「勝手な理由で内定辞退しないように、親にも承諾を取るのは悪いことではないと思うから」(50代、子どもいる)、「成人年齢を下げようとしている昨今で、個人として扱うようにしてほしい。内定後、親確の必要性に疑問です」(50代、子どもいる)などの回答が寄せられた。

 しゅふJOB総研の川上敬太郎所長は、「子どもの就活に積極的にアドバイスしたいと考える人ほどオヤカクへの印象は良く、アドバイスしない方針の人ほどオヤカクへの印象は悪い、という傾向がみられます。特に、『よほど困っている時以外はアドバイスしない』または『一切アドバイスはしない』と回答した人で、オヤカクに『良い印象を持つ』と回答した人がゼロだったのは印象的です」とコメントした。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)