「Suica」チャージ、Google Payに対応

 JR東日本は2018年5月24日、同社の交通系ICカード乗車券「Suica」が「Google Pay」に同日から対応したと発表した。

デジタル生活 保護者
「Suica」に対応した「Google Pay」アプリケーションの画面(右上)。チャージを手動で行なう点は通常のSuicaと同じだが、駅などへ出向かなくてもスマートフォンからチャージができるメリットがある。使用履歴や「モバイルSuica」で購入した定期券、「Suicaグリーン券」「モバイルSuica特急券」の情報を表示できる。
  • 「Suica」に対応した「Google Pay」アプリケーションの画面(右上)。チャージを手動で行なう点は通常のSuicaと同じだが、駅などへ出向かなくてもスマートフォンからチャージができるメリットがある。使用履歴や「モバイルSuica」で購入した定期券、「Suicaグリーン券」「モバイルSuica特急券」の情報を表示できる。
  • 既存の「Suicaサービス」との機能比較。「モバイルSuica」と比べると大幅に機能が制限されており、「EASYモバイルSuica」とほぼ同等の機能となっている。
JR東日本は5月24日、同社の交通系ICカード乗車券「Suica」が「Google Pay」に同日から対応したと発表した。

「Google Pay」は、Android OSに対応したスマートフォンなどで利用できる支払いサービスで、Google社が運営している。

これまで「Suica」をチャージする場合、駅にある自動券売機・多機能券売機・のりこし精算機やコンビニを利用する方法、スマートフォンなどで利用する「モバイルSuica」に登録してオートチャージを行なう方法、PCから「Suicaインターネットサービス」を利用する方法があったが、「Google Pay」に対応したことにより、Googleアカウントにクレジットカードを登録していれば、アプリケーションを利用してカードからのチャージが可能になる。ただし、オートチャージには非対応。

アプリケーションからは「Suica」の発行も可能だが、1台のAndroid OS端末に登録できる「Suica」は1枚で、「モバイルSuica」の利用者は「Google Pay」でも同じ「Suica」を利用できる。「Google Pay」を利用して「Suica」を発行した場合は、「モバイルSuica」でも同じ「Suica」を利用できる。

「モバイルSuica」の場合、JR東日本が発行している「ビューカード」会員や機能限定版の「EASYモバイルSuica」利用者を除いて、年会費が1030円必要だが、「Google Pay」では無料となる。

ただし、支払いに利用できるのは鉄道・バスの運賃や買物で、定期券や「Suicaグリーン券」「モバイルSuica特急券」の購入には利用できない。

「Suica」のチャージがAndroid端末から可能に…Googleの支払いサービスに対応 5月24日から

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)