旺文社、小中高生対象「学コン」12部門の作品募集開始

 旺文社は2018年6月12日、小中高生を対象とした「第62回 全国学芸サイエンスコンクール(学コン)」の作品募集を開始した。理科自由研究などのサイエンスジャンルと、絵画や読書感想文、写真などの学芸ジャンルあわせて全12部門で応募を受け付ける。

教育・受験 小学生
 旺文社は2018年6月12日、小中高生を対象とした「第62回 全国学芸サイエンスコンクール(学コン)」の作品募集を開始した。理科自由研究などのサイエンスジャンルと、絵画や読書感想文、写真などの学芸ジャンルあわせて全12部門で応募を受け付ける。

 全国学芸サイエンスコンクールは、青少年の学術・科学・文芸の振興奨励を目的に1957年より開催されている全国規模のコンクール。小学生、中学生、高校生の夏休みの創作活動や総合学習の一環や、課外活動での学習成果の発表の場として活用されており、2017年の第61回には日本全国と海外の日本人学校から13万3,284点もの作品が寄せられたという。

 第62回のテーマは「未来への第一歩!」。サイエンスジャンルは「理科自由研究部門」「自然科学研究部門」「社会科自由研究部門」「人文社会科学研究部門」の4部門学芸ジャンルで「絵画部門」「書道部門」「小説部門」「詩部門」「読書感想文部門」「作文/小論文部門」「写真部門」「ポスター/デザイン部門」の8部門、あわせて全12部門で作品を募集する。

 サイエンスジャンルは小学4年生以上、学芸ジャンルは小学1年生以上が対象。なお、「理科自由研究部門」「社会科自由研究部門」は小・中学生の部のみ、「自然科学研究部門」「人文社会科学研究部門」は高校生の部のみ、「小説部門」は中・高校生の部のみ募集。そのほかは小・中・高校生の部で応募を受け付ける。

 応募締切りは2018年9月26日(当日消印有効)。10月中旬から11月中旬にかけて1次選考・2次選考を行い、11月16日にサイエンスジャンル最終審査会、12月4日に学芸ジャンル最終審査会を実施。2019年2月中旬には「第62回金賞作品集」が刊行され、3月8日に表彰式と受賞パーティーが予定されている。

 全作品中の最優秀作品には内閣総理大臣賞が授与されるほか、各部門の最優秀作品の中から文部科学大臣賞・環境大臣賞を授与。優秀作品には各分野賞のほか学校特別奨励賞、部門賞金賞などが贈られる。

◆第62回 全国学芸サイエンスコンクール
応募締切:2018年9月26日(水)当日消印有効
対象:全国の小・中・高校生(海外の日本人学校在籍者も含む)
募集部門:
【サイエンスジャンル(小学4年生~)】
サイエンス分野/理科自由研究(小・中)、自然科学研究(高)、社会科自由研究(小・中)、人文社会科学研究(高)
【学芸ジャンル(小学1年生~)】
アート分野/絵画(小・中・高)、書道(小・中・高)
文芸I分野/小説(中・高)、詩(小・中・高)
文芸II分野/読書感想文(小・中・高)、作文・小論文(小・中・高)
環境分野/写真(小・中・高)、ポスター・デザイン(小・中・高)
応募方法:応募作品1点ごとに応募用紙・応募票に必要事項を記入し、応募票を作品に添付のうえ、郵送で応募する
※応募は学校、個人、塾単位で受け付ける
※詳細はWebサイトで確認すること
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)