筑波大、野球の投球・打撃データ分析…グラッドキューブと連携

教育・受験 大学生

グラッドキューブと筑波大学、スポーツ産業に関する共同開発を開始
  • グラッドキューブと筑波大学、スポーツ産業に関する共同開発を開始
グラッドキューブは、筑波大学 体育系・西嶋尚彦教授と産学連携の一環として、スポーツ情報にサイエンスを取り込む共同開発を開始した。

共同開発では、データスタジアムが提供するプロ野球に関するビッグデータから、スポーツ中継と共に配信するためのプレー項目を構成し、項目特性を統計学的に分析する。

野球が最も好きなスポーツ14年連続1位を記録していることや、国内スポーツ参加市場規模が国内教育産業全体市場と同程度の約2.0兆円となっていることから、共同開発を決定。同社が運営するメディア「SPAIA(スパイア)」内でプロ野球に関するビッグデータを用い、機械学習によるAI勝敗予想、一球予想の精度向上を目指す。

具体的には、プロ野球の1球ごとの投球、打撃データを分析。定性的分析法を適用してスポーツ中継で求められるプレー項目を構成し、尺度特性を統計学的に分析する。

グラッドキューブと筑波大学、スポーツ産業に関する共同開発を開始

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)