環境に優しい「まち・住まい・交通」国交省が事業を公募

教育業界ニュース その他

まち・住まい・交通の一体的な低炭素社会の構築を総合的に推進するための地域エネルギー・環境モデル構想の実現に向けた事業の概要
  • まち・住まい・交通の一体的な低炭素社会の構築を総合的に推進するための地域エネルギー・環境モデル構想の実現に向けた事業の概要
国土交通省は、まち・住まい・交通の一体的な低炭素社会の構築を総合的に推進するため、地域エネルギー・環境モデル構想の実現に向けた事業を目指す地方公共団体から企画提案を募集する。

国交省では、低炭素社会の実現に向けて、まち・住まい・交通の一体的な地域エネルギーと環境モデルを推進するため、都市規模、地域特性に応じたモデルを構築していく。この一環として、環境改善に貢献する取り組みを目指す団体から、幅広く将来像や目標、取り組み方針などの地方公共企画提案を募集する。地方公共団体と連携する民間団体の応募も可能。

「まち」「住まい」「交通」の融合した取り組みを期待するが、いずれか1つの分野に特化した構想でも受け付ける。
応募のあった企画提案の中から2~3地域を採択し、有識者、国土交通省関係部局で構成するタスクフォースによって現地調査、課題抽出、解決方策の検討、提案主体への助言などを行い、構想の具体化を支援する。

環境に優しい「まち・住まい・交通」の実現を推進 国交省が事業を公募

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)