日本中で妖怪あつめ、スマホゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」提供開始

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(ガンホー)とレベルファイブは2018年6月27日、スマートフォン向けゲームアプリケーション「妖怪ウォッチ ワールド」の提供を開始した。

趣味・娯楽 小学生
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(ガンホー)とレベルファイブは2018年6月27日、スマートフォン向けゲームアプリケーション「妖怪ウォッチ ワールド」の提供を開始した。App StoreおよびGoogle Playストアからダウンロードできる。

 「妖怪ウォッチ ワールド」は、2018年で5周年を迎える「妖怪ウォッチ」の世界と、3Dマップ上で現実の世界が“融合”する新感覚の「妖怪探索位置ゲーム」。最新技術「Google Maps Platform」を採用しており、従来情報ゲームよりもさらに立体的で現実的なマップの中でゲームを楽しむことができるという。

 ゲームを起動し、スマートフォン画面をのぞいて「サーチ」すると、ARにより妖怪たちが現実世界に出現する。ゲームの目的は、日本全国に放たれた妖怪を、GPS機能を使って集めること。周りをよく見て、常に安全に注意しながらプレイするよう呼びかけている。

 価格は無料だが、ゲーム内課金がある。対応機種はiOS 9.0以降およびAndroid 4.4以降。なお、GPS機能およびジャイロセンサー非搭載の端末や、Wi-Fi回線のみで接続している端末の動作は保証しないとしている。

 ガンホーによると、今後はファミリーマートやNTTドコモとのコラボレーションのほか、ガンホーのゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」とのコラボレーションも予定している。

◆妖怪ウォッチ ワールド
ジャンル:妖怪探索位置ゲーム
対応機種:iOS 9.0以降/Android 4.4以降
価格:無料(ゲーム内課金あり
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)