都立三鷹で撮影、広瀬すず「東京2020」ボランティア募集CM

 女優の広瀬すずが、2年後の2020年7月24日より開幕する東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたボランティア募集のTV-CMに起用され、体育館で見事なフリースローシュートを披露している。

教育・受験 未就学児
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア募集TV-CM
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア募集TV-CM
  • 広瀬すず
女優の広瀬すずが、2年後の2020年7月24日より開幕する東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたボランティア募集のTV-CMに起用され、体育館で見事なフリースローシュートを披露している。

■CMストーリー


とある中学校の体育館。誰もいない体育館の真ん中で、バスケットボールを抱えた広瀬さんが、ゴールに向かってゆっくり歩いているところから映像はスタート。「みなさん、青春のど真ん中にオリンピック・パラリンピックがやってきます」とカメラ目線で力強く宣言した後、フリースローラインからシュートを放つ広瀬さん。美しい放物線を描いたボールが見事ゴールネットに吸い込まれると、どこからともなく現れた生徒たちが、一斉に広瀬さんの横を駆け抜けていく…。



■サプライズ登場からフリースローを決める!


東京都立三鷹中等教育学校の体育館で行われた今回の撮影。まず、先生から「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のボランティア募集の映像の撮影に協力していただきます」という説明がなされた直後、生徒たちの前にサプライズで現れた広瀬さん。体育館は一瞬にして歓喜の声に包まれた。興奮冷めやらぬ生徒たちの視線を一身に浴びながら、バスケットボールのフリースローのシーンでは本番1発目でシュートを決める見事なパフォーマンスを披露した。



■広瀬すずのコメント


こんにちは、広瀬すずです。2020年、いよいよ東京にオリンピック・パラリンピックがやってきます。今回、そんな東京2020大会を支えるボランティアの募集を、お手伝いさせていただきます。世界中から、東京にやってくるアスリートや観客のみなさんをおもてなしする。ボランティアは、私たちのオリンピック・パラリンピックをつくりあげていく上で本当に欠かせない、そしてその分やりがいのある活動だと思っております。2020年に向けて、必要なボランティアの数は11万人です。少しでも多くの方が東京2020大会のボランティアに興味をもっていただき、そして実際に応募していただけるとうれしいなと思います。2020年に向けて、みなさんのご協力、ぜひよろしくお願い致します。広瀬すずでした。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア募集TV-CMは9月下旬より放映。

広瀬すず、10代の前で見事なフリースローを披露!「東京2020」ボランティア募集CM

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)