100歳以上は授業料100%免除…花園大学の奨学金制度

 花園大学は、社会人入学試験や社会人編入学試験で合格した50歳以上の学生を対象に「100年の学び奨学金」を創設した。2019年4月1日を基準日とし、50歳代で授業料50%免除、100歳以上で授業料100%免除と年齢に応じて免除率が上がる。

教育・受験 その他
花園大学奨学金制度一覧
  • 花園大学奨学金制度一覧
  • 学部・学科
  • 社会人入学試験
  • 社会人編入学試験
  • 花園大学
 花園大学は、社会人入学試験や社会人編入学試験で合格した50歳以上の学生を対象に「100年の学び奨学金」を創設した。2019年4月1日を基準日とし、50歳代で授業料50%免除、100歳以上で授業料100%免除と年齢に応じて免除率が上がる。

 花園大学は、1872年に開校した、臨済禅のこころを建学の精神とする学校。京都市中京区西ノ京壺ノ内町にキャンパスを構える。文学部と社会福祉学部、発達教育学部(設置認可申請中、2019年開設予定)と大学院がある。

 100年の学び奨学金は、社会人入試や社会人編入学で合格した50歳以上の学生を対象とした奨学金制度。授業料免除の割合は、50歳代で50%、60歳代で60%、70歳代で70%、80歳代で80%、90歳代で90%、100歳以上で100%。年齢の基準日は、2019年4月1日とする。ただし、大学院は除く。

 社会人入学試験では、文学部仏教学科・日本史学科・日本文学科と社会福祉学部社会福祉学科・臨床心理学科でそれぞれ若干名募集する。選考方法はテーマ作文と面接。

 授業料は、文学部が79万6,000円、社会福祉学部が79万9,000円。授業料のほかに、入学金や施設設備費、後援会費、課程履修費、各種実習費などが必要となる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)