中学・高校卒業程度認定試験、被災者出願期間を延長…北海道地震

 文部科学省は平成30年9月12日、北海道胆振地方を震源とする地震における平成30年度就学義務猶予免除者などの中学校卒業程度認定試験、および平成30年度第2回高等学校卒業程度認定試験の出願期間の延長について発表した。

教育・受験 中学生
平成30年9月6日に発生した北海道胆振地方を震源とする地震における平成30年度就学義務猶予免除者などの中学校卒業程度認定試験の出願期間の延長について
  • 平成30年9月6日に発生した北海道胆振地方を震源とする地震における平成30年度就学義務猶予免除者などの中学校卒業程度認定試験の出願期間の延長について
  • 平成30年9月6日に発生した北海道胆振地方を震源とする地震における平成30年度第2回高等学校卒業程度認定試験の出願期間の延長について
  • 文部科学省
 文部科学省は平成30年9月12日、北海道胆振地方を震源とする地震における平成30年度就学義務猶予免除者などの中学校卒業程度認定試験、および平成30年度第2回高等学校卒業程度認定試験の出願期間の延長について発表した。

 文部科学省は、平成30年9月6日に発生した北海道胆振地方を震源とする地震における平成30年度就学義務猶予免除者などの中学校卒業程度認定試験、および平成30年度第2回高等学校卒業程度認定試験について、北海道に在住している者を対象に出願期間を延長する。

 平成30年度就学義務猶予免除者などの中学校卒業程度認定試験は、通常出願期間が8月20日~9月7日消印有効のところ、被災者出願期間を8月20日~9月20日消印有効とする。

 平成30年度第2回高等学校卒業程度認定試験は、通常出願期間が8月30日~9月13日消印有効のところ、被災者出願期間を8月30日~9月20日消印有効とする。

 そのほか、震災の影響により出願手続きが困難な場合は、文部科学省相談窓口に連絡することとしている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)