日本マクドナルド、不要な玩具をトレイに再生

 日本マクドナルドは、ハッピーセットのプラスチックおもちゃをリサイクルする「ハッピーりぼーん」プロジェクトで回収した約127万個のおもちゃを、約10万枚の店舗用トレイに再生し、2018年11月15日より全国のマクドナルド店舗に導入開始した。

生活・健康 小学生
【画像左】リサイクルトレイ、【画像右】店舗標準トレイ
  • 【画像左】リサイクルトレイ、【画像右】店舗標準トレイ
  • 日本マクドナルド
 日本マクドナルドは、ハッピーセットのプラスチックおもちゃをリサイクルする「ハッピーりぼーん」プロジェクトで回収した約127万個のおもちゃを、約10万枚の店舗用トレイに再生し、2018年11月15日より全国のマクドナルド店舗に導入開始した。

 「ハッピーりぼーん」プロジェクトは、子どもたちが遊び終えたハッピーセットのおもちゃを全国の店舗で回収し、リサイクルするプログラム。プラスチック再生を推進する取組みとして環境省の協力を得て、2018年に初めて実施した。

 2018年2月23日から5月6日の間に回収したおもちゃの数は、目標の100万個を大幅に上回る約127万個を達成した。回収したおもちゃは、リサイクルについて親子で話すきっかけとなるよう、店舗用トレイにリサイクル。合計約10万枚の店舗用トレイに順次再生し、11月15日より全国のマクドナルド店舗に導入開始した。

 リサイクルトレイは、通常の黒色のトレイと一目で見分けがつくよう、緑のカラーを採用。「ぼくはハッピーセットのオモチャから、うまれたよ!」のメッセージが刻まれている。

 「ハッピーりぼーん」プロジェクトを通じて、「楽しく遊んでいたおもちゃだからこそ心が痛む。リサイクルをしてまた何かの役に立つのなら処分してもいいと子供も納得してくれた」(小2女児の保護者)といった、「おもちゃを捨てる」のではなく、「また役に立つためにお別れする」ことに子どもも納得したという声が多数寄せられた。また、「処分に困っていたおもちゃたちを、後ろめたさなく処分するどころか、むしろリサイクルに貢献でき、さらには子供にもリサイクルに興味をもってもらえた」(小2男児の保護者)など、リサイクルについて話す良い機会が持てたという声も多数寄せられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)