「女子大の有名企業400社実就職率」フェリスが5位ランクイン、1位は?

 大学通信が2018年3月卒業生を対象に実施した「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキングにおいて、フェリス女学院大学が5位にランクインした。3位は東京女子大学、2位は学習院女子大学、1位は聖心女子大学。

教育・受験 大学生
フェリス女学院大学
  • フェリス女学院大学
  • 大学通信 キャンパスナビネットワーク
 大学通信が2018年3月卒業生を対象に実施した「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキングにおいて、フェリス女学院大学が5位にランクインした。3位は東京女子大学、2位は学習院女子大学、1位は聖心女子大学。調査結果は、2018年11月9日付の東洋経済オンライン「『本当に就職に強い女子大学』ランキング」にも掲載されている。

 大学通信は、全国の国公私立大学(医科系・歯科系の単科大学などを除く)を対象に「実就職ランキング」調査を実施。調査対象の78女子大学中、回答のあった63大学の結果から「本当に就職に強い女子大学」ランキングを作成し、さらに日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定した有名企業400社への実就職率も算出。ランキングを発表した。

 「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキングでは、トップ4を東京の女子大学が独占。トップ10に唯一神奈川からランクインしたのは、5位の「フェリス女学院大学」。フェリス女学院大学では、学生自身が「自分らしい人生」を描き、将来を切り拓いていく力を身に付けられるよう、1年次から充実したキャリア支援を行っているという。

 バラエティに富んだ各種就職講座や企業セミナーは年間100件以上実施。企業や仕事に対する理解を深めるとともに、実際の採用選考に対応できるプログラムを用意している。少人数教育ならではの個人相談に重点を置いたサポートで、就職個人相談では1人あたり約30分かけて相談に乗る。活動が本格化する前の1、2年次生も広く利用しているという。そうした取組みから、2018年3月卒業生の就職内定率は99.4%、過去3年の就職内定率の平均も約98%となっている。

 「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキングは、11月9日付の東洋経済オンライン「本当に就職に強い女子大学」ランキングの記事内に掲載されている。

◆女子大の有名企業400社への実就職率(2018年卒)
1位「聖心女子大学」26.2%
2位「学習院女子大学」24.6%
3位「東京女子大学」24.4%
4位「日本女子大学」23.7%
5位「フェリス女学院大学」21.9%
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)