地方学生を応援「就活タダ宿」企業との交流イベントも

 クラウドCTIをメインとしたWeb開発企業のWidsleyは2018年11月6日、Japanize Guesthouse&Barを活用した上京就職活動応援サービス「就活タダ宿」を開始した。サービス開始に伴い、毎週火曜日から木曜日にイベントを開催している。

教育・受験 大学生
就活タダ宿
  • 就活タダ宿
  • 就活タダ宿の仕組み
  • Widsley
 クラウドCTIをメインとしたWeb開発企業のWidsleyは2018年11月6日、Japanize Guesthouse&Barを活用した上京就職活動応援サービス「就活タダ宿」を開始した。サービス開始に伴い、毎週火曜日から木曜日にイベントを開催している。

 「就活タダ宿」は、首都圏外の学生が東京での就職活動にあたって上京する際に、無料で自社運営のゲストハウスを提供し、宿泊する際に企業とのマッチングをはかるサービス。北海道や九州の学生は平均2万円以上の宿泊費を負担していることなどを背景に、「少しでも負担を軽減して就職活動に専念してもらいたい」という思いから開始された。

 サービス開始に伴い、毎週火曜日から木曜日(2泊3日)にイベントを開催している。1日目は地方学生を求めている企業の採用担当者と立食形式で交流でき、後日、選考に進むチャンスもある。2日目は1日中自由に就職活動でき、3日目の午前中にチェックアウトとなる。宿泊後もビデオ通話などで面接対策や学生に合う企業の紹介を行い、就職活動をサポートする。

 2泊分の宿泊費は無料。3日目以降も滞在する場合は有料となる。イベントの軽食代は、参加企業からの協賛により無料。

 宿泊先は1階部分がレストランになっており、食事も可能。2段ベッド、冷暖房器具、各ベッド電源付きで、ゲストハウス内はすべてWiFiが使用できる。

 参加希望者は、WebサイトからLINEの「友だち追加」を行い、エントリーすること。

◆「就活タダ宿」イベント
日程:毎週火曜日から木曜日
宿泊場所:ゲストハウス「Japanaize」(東京都中央区日本橋馬喰町1-5-6)
対象:就職活動を行っている地方学生
宿泊費:無料
※3日目以降も滞在する場合は有料
参加方法:WebサイトからLINEの「友だち追加」を行い、エントリーすること
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)