2018年ジェンダーギャップ、日本は149中110位で男女格差縮小傾向

 世界経済フォーラムは2018年12月18日、2018年ジェンダーギャップレポートを発表した。世界的に男女格差は縮小傾向にあるものの、女性の労働市場や政治への参加は依然として男性に比べて少ないという。日本は前年から順位を4ランク上げて149位中110位だった。

生活・健康 その他
The Global Gender Gap Report 2018(2018年ジェンダーギャップレポート)
  • The Global Gender Gap Report 2018(2018年ジェンダーギャップレポート)
  • Global Gender Gap Index 2018, by region, income and political grouping
  • Gender gap by country, 2018
 世界経済フォーラムは2018年12月18日、2018年ジェンダーギャップレポートを発表した。世界的に男女格差は縮小傾向にあるものの、女性の労働市場や政治への参加は依然として男性に比べて少ないという。日本は前年から順位を4ランク上げて149位中110位だった。

 レポートでは、「経済的機会」「政治的な意思決定への参加」「教育の機会」「保健・医療」の4分野でジェンダーギャップ(格差縮小率)を評価。2018年の世界的なジェンダーギャップの縮小率は68%で、2017年からの改善はわずかであった。男女間の所得格差改善や、専門職に就く女性は増加した一方で、労働人口における女性比率の停滞、女性の政治参画の減少、医療や教育へのアクセスにおける格差は拡大。現在の縮小速度のままでは、ジェンダーギャップを解消するためには108年、職場における男女平等の達成には202年を要するとしている。

 男女平等がもっとも進んだ国は、10年連続で「アイスランド」が1位。2位「ノルウェー」、3位「スウェーデン」、4位「フィンランド」と北欧諸国が続き、日本は前年から順位を4ランク上げた110位。G20加盟国の最上位は「フランス」の12位、「米国」は51位、「中国」は103位、「韓国」は日本より低い115位だった。

 日本のジェンダーギャップが66%近くまで縮小されたのは、過去12か月で職場環境が1.5%改善したことが背景にあるという。しかし、依然として相対的に男女平等が進んでいない経済圏の1つだとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)