Amazonを騙るフィッシングメールに注意喚起…フィッシング対策協議会

 フィッシング対策協議会は、Amazonを騙るフィッシングメールが出回っているとして、2018年12月18日、注意喚起を発表した。

デジタル生活 その他
確認されたフィッシングメール
  • 確認されたフィッシングメール
  • 確認されたフィッシングサイト
フィッシング対策協議会は12月18日、Amazonを騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。確認されているフィッシングメールは、「再度Amazonのアカウントの情報を入力してください。」という件名で、Amazonアカウントの異常な操作を検出したため停止したという内容。情報を更新するために本文にあるリンクをクリックさせようとする。確認されたリンク先URLは次の通り。

サイトのURL
http://protection-service-●●●●-amazon.com

同協議会によると、12月18日15時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼しているという。また、このようなフィッシングサイトにてログイン情報(Eメールまたは携帯電話番号、パスワード等)を絶対に入力しないよう呼びかけている。

「再度Amazonのアカウントを回復してください」ニセメールを確認(フィッシング対策協議会)

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)