埼玉県、公立学校教員採用選考試験問題の私案を保存したUSBメモリを紛失

 埼玉県は2019年1月23日、同県教育委員会において平成32年度(2020年)埼玉県公立学校教員採用選考試験(31年度実施)問題の私案を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

教育業界ニュース その他
トップページ
  • トップページ
  • リリース(USBメモリの紛失について)
  • リリース(再発防止策)
埼玉県は1月23日、同県教育委員会において平成32年度(2020年)埼玉県公立学校教員採用選考試験(31年度実施)問題の私案を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

これは2018年12月13日から12月16日までの期間、同県教育局の職員が教員採用選考試験(31年度実施)問題の私案10問と過去の採用試験の問題のデータが入ったUSBメモリを紛失したというもので、12月18日に当該職員が自宅を捜索し、翌19日から21日に職場を探索したが発見には至らなかった。

当該USBメモリの紛失場所は不明であるが、現在のところ第三者による不正使用等の事実は確認されていない。

同県では今後、再発防止のために問題作成の関係者に対し適正な管理を徹底するよう指示を行った。

公立学校教員採用選考試験問題の私案を保存したUSBメモリを紛失(埼玉県)

《編集部@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)