結婚・出産後の再就職、主婦の42.7%が学歴「影響する」

 主婦の42.7%が結婚・出産後の再就職に学歴は影響すると考えており、特に四年制大学・大学院以外の出身者は学歴の影響を強く感じる傾向にあることが、ビースタイルが2019年1月29日に発表したアンケート調査の結果より明らかとなった。

生活・健康 その他
女性が結婚・出産後に再就職する際、学歴は影響すると思うか
  • 女性が結婚・出産後に再就職する際、学歴は影響すると思うか
  • 女性が結婚・出産後に再就職する際、学歴は影響すると思うか(回答者の学歴別比較)
  • 学歴の影響についての認識別比較 「影響すると思う」理由
  • 学歴の影響についての認識別比較 「影響しないと思う」理由
  • 学歴の影響についての認識別比較 「わからない」理由
  • もし自身の子どもが女の子だとしたら、将来のキャリアを考えて子どもに高学歴を望むか
  • もし自身の子どもが女の子だとしたら、将来のキャリアを考えて子どもに高学歴を望むか(回答者の学歴別比較)
 主婦の42.7%が結婚・出産後の再就職に学歴は影響すると考えており、特に四年制大学・大学院以外の出身者は学歴の影響を強く感じる傾向にあることが、ビースタイルが2019年1月29日に発表したアンケート調査の結果より明らかとなった。

 「再就職と学歴」をテーマとしたアンケート調査は、働く主婦層を対象に実施したもの。2018年7月17日から31日まで調査を実施し、770名の有効回答を得た。

 女性が結婚・出産後に再就職する際、学歴は影響すると思うか聞いたところ、42.7%が「影響すると思う」、31.9%が「影響しないと思う」、25.3%が「わからない」と回答した。回答者の学歴別に比較すると、「影響すると思う」と回答した四年制大学・大学院出身者は35.1%だったのに対し、四年制大学・大学院以外の出身者は46.8%で、四年制大学・大学院以外の出身者のほうが、学歴の影響を強く感じる傾向にあることが見てとれた。

 「影響する」と思う理由について、もっとも多かった回答は「学歴が高い方が優秀だと判断されやすいから」61.7%。ついで、「学歴が高い方が給与条件が高くなるから」42.9%、「学歴が高い方ができる仕事が多いから」39.8%という結果だった。一方、「影響しないと思う」と回答した主婦の93.5%、「わからない」と回答した主婦の71.3%がその理由として、「学歴よりも実務スキルや職務経験が重視されるから」と回答しており、ともに最多だった。そのほか、「学歴よりも仕事でどんな実績を残したかが重視されるから」「学歴よりもコミュニケーション力が重視されるから」が両者とも順に続いた。

 もし自分の子どもが女の子だったら、将来のキャリアを考えて子どもに高学歴を望むか聞いたところ、46.1%が「望む」と回答し、「望まない」17.1%と2.5倍以上の差をつけた。回答者の学歴別で比較すると、高学歴を望む四年制大学・大学院以外の出身者は39.3%だったのに対し、四年制大学・大学院出身者は58.9%という結果で、四年制大学・大学院出身者のほうが子ども(女の子)に高学歴を望むことがわかった。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)