未来の社会を考えるイベント「未来の学校祭」東京ミッドタウンにて2/21-2/24

 東京ミッドタウンでは2019年2月21日から2月24日までの期間、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに、未来の社会をイベント参加者とともに考えていく「未来の学校祭」を開催する。

趣味・娯楽 その他
(C)Jacob Tonski「Balance From Within (バランス フロム ウィズイン)」
  • (C)Jacob Tonski「Balance From Within (バランス フロム ウィズイン)」
  • (C)Vavier Voirol「πTon (ピトン)」
  • 未来の学校
 東京ミッドタウンでは2019年2月21日から2月24日までの期間、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに、未来の社会をイベント参加者とともに考えていく「未来の学校祭」を開催する。

 このイベントでは、2018年にオーストリアのリンツ市で開催された「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」参加作品の展示を中心に、エキシビション、パフォーマンス、ワークショップ、トークの4つのプログラムが用意される。

 アルスエレクトロニカ・フェスティバルはメディアアートに関する世界的なイベントで、リンツ市で毎年開催されている。2018年は過去最高の10万5,000人が来場したという。主催しているのはリンツ市を拠点に40年にわたって「先端テクノロジーがもたらす新しい創造性と社会の未来像」を提案し続けている、世界的なクリエイティブ機関のアルスエレクトロニカだ。

 「未来の学校祭」は東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカが協働。“ギリギリ”セーフかアウトかわからない境界の最前線に対するチャレンジをするべく、社会でいま問わなければいけない問題に向き合う作品が登場する。

 期間中は東京ミッドタウンの館内各所を3つのカテゴリー(「ギリギリ・ルーム」「ギリギリ・スクエア」「ギリギリ・ラボラトリー」)に分けて作品展示を行うほか、ワークショップやトークイベント、パフォーマンスなどが開催される。“ギリギリ”なアート作品や商品を通じ、アートとテクノロジーによってイノベーションが起こる最前線を感じられるイベントを目指すという。

 会場では、時間や重力といった事象を使いおもちゃと道具の中間のようなキネティックな作品を制作するジェイコブ・トンスキーの「Balance From Within(バランス フロム ウィズイン)」や、ミュージシャン・作曲家であるアンドレと建築家であるミッシェルのデコスター兄弟によるアートユニットCod.Act(コッド・アクト)による「πTon(ピトン)」といった日本初公開作品も展示される予定だ。

◆「未来の学校祭」概要
期間:2019年2月21日(木)~2月24日(日)
時間:11:00~21:00
場所:東京ミッドタウン各所
主催:東京ミッドタウン
特別協力:アルスエレクトロニカ
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)