教員養成がテーマ、IB教育普及シンポジウム…京都3/16

 文部科学省IB教育推進コンソーシアムは2019年3月16日、IB教員養成に関心のある学生ならびに教育関係者などを対象に、第2回「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム」を開催する。参加無料。事前申込制。

教育業界ニュース イベント・セミナー
 文部科学省IB教育推進コンソーシアムは2019年3月16日、IB教員養成に関心のある学生ならびに教育関係者などを対象に、第2回「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム」を開催する。参加無料。事前申込制。

 今回で第2回を迎えるシンポジウムのテーマは「日本におけるIB教員養成」。IB教員養成に関心のある学生ならびに教育関係者などを対象に、テーマをめぐる諸課題とその方策について検討を行う。

 シンポジウムは3部制。第1部では大学学部・大学院による講演「IB教員養成の事例紹介」、第2部では東京学芸大学附属国際中等教育学校による「学校におけるIB教員研修受け入れの取り組み」の紹介、第3部では現職IB教員による「日本におけるIB教員養成の諸課題と方策について」をテーマとしたパネルディスカッションを実施する。シンポジウム終了後は、分科会(IB教員養成研修に関する情報交換会)も実施する。

 参加無料。参加希望者は、文部科学省IB教育推進コンソーシアムWebサイトにて事前登録が必要。定員は450名。締切りは3月11日。定員に達した場合は、締切前でも受付を終了する。

◆第2回「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム」
日時:2019年3月16日(土)13:00~17:00(12:30受付開始)
※分科会は17:10~17:50
会場:立命館大学 朱雀キャンパスホール(京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1)
※ネットライブ配信予定
対象:国際バカロレア教育に関心を持つ学校・大学関係者、教育委員会、自治体、大学生
参加費:無料
募集人数:450名
締切:2019年3月11日(月)
※定員になり次第、受付終了
申込方法:文部科学省IB教育推進コンソーシアムWebサイトより参加登録する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)