子どもの居場所を自動通知「mamorino5」KDDIから2月22日発売

 KDDI、沖縄セルラーは2019年2月22日より、キッズ向けケータイ「mamorino5」(マモリーノ ファイブ)を全国一斉発売することを発表した。居場所確認や在宅確認、防犯ブザーなど、子どもを見守るための機能を備えている。

生活・健康 小学生
 KDDI、沖縄セルラーは2019年2月22日より、キッズ向けケータイ「mamorino5」(マモリーノ ファイブ)を全国一斉発売することを発表した。

 「mamorino5」は、居場所確認や在宅確認、防犯ブザーなど、子どもを見守るための機能を備えている。「ケータイを持っていくのを忘れてしまう」「着信になかなか気づいてくれない」といった保護者の声を受け、外出時に「mamorino5」を持つように子どもに促す機能や、子どもが電話に出ないときの対処方法を保護者に自動で通知する機能を新たに搭載している。

 保護者のスマートフォン、ケータイから子どもの居場所を確認することができる「居場所通知」や、子どもの足取りが気になる場合に5分ごと、10分ごとに連続して位置情報を受信することができる「連続居場所通知」機能を搭載。また、子どもの帰宅予定時間帯を設定しておくと、15分ごとに「mamorino5」が自宅のWi-Fiルーターをサーチ。最初に検出したタイミングで子どもの在宅を保護者の方に通知する「おうちだよ通知」で、外出時でも子どもの帰宅を把握できる。

 さらに、保護者の要望に応える機能として搭載された「出かけるよアラーム」は、習い事などへの出発時間を設定しておくと、その時間が近いことを知らせ、「mamorino5」を持って出かけるよう音声で促す。「出ないときガイド」は子どもが保護者からの電話に応答しない場合に、「mamorino5」から保護者宛に、居場所確認や着信自動応答(スピーカーホン)の操作方法を案内するSMSを自動的に送信する。

 そのほか、応答の操作が無くても自動的に電話につながり、そのままハンズフリーで通話できる着信自動応答、ストラップを引くと鳴る約100dBの大音量防犯ブザーなど、親子で安心して使える機能が搭載されている。

 端末のカラーはブルー、ラベンダー、ホワイトの3色。端末価格は1万6,200円(税込)。小学生以下の子どもなら、ジュニアケータイプラン基本使用料月額540円(税込)から利用可能。
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)