学校給食実施率は95.2%…小中学校の平均月額、保護者負担が微増

 文部科学省は2019年2月26日、学校給食実施状況について平成30年度(2018年度)調査結果の概要を発表した。国公私立学校の給食実施率は、小学校が99.1%、中学校が89.9%。学校給食費の平均月額は、公立小学校で約4,343円、公立中学校で約4,941円と微増した。

教育・受験 小学生
学校給食の実施率
  • 学校給食の実施率
  • 学校給食費平均月額
 文部科学省は2019年2月26日、学校給食実施状況について平成30年度(2018年度)調査結果の概要を発表した。国公私立学校の給食実施率は、小学校が99.1%、中学校が89.9%。学校給食費の平均月額は、公立小学校で約4,343円、公立中学校で約4,941円と微増した。

 学校給食実施状況調査は、学校給食を実施している国公私立の小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校(前期課程)、特別支援学校および夜間課程を置く高等学校(夜間定時制高等学校)を対象に全数調査を実施。平成30年(2018年)5月1日現在の学校給食実施率と学校給食調理員の配置状況、米飯給食実施状況を調査した。学校給食費平均月額については、公立の小学校、中学校、夜間定時制高等学校を対象に全数調査を実施している。

 国公私立学校で学校給食を実施している学校数は全国で3万92校、実施率は95.2%。小学校は99.1%、中学校は89.9%、義務教育学校は100.0%、中等教育学校(前期課程)は63.5%、特別支援学校は89.9%、夜間定時制高等学校は68.0%だった。

 主食とおかず、ミルクから成る「完全給食」の実施率は93.5%。前回(2016年度)調査と比べると、小学校は0.1ポイント減の98.5%だったが、中学校は2.7ポイント増の86.6%と上昇がみられた。

 保護者が負担する学校給食の平均月額は、公立小学校が約4,343円、公立中学校が約4,941円。前回調査と比べると、小学校は20円増、中学校は12円増と全体的に微増している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)