関東版「SUUMO住みたい街ランキング2019」総合2位は恵比寿、1位は?

 リクルート住まいカンパニーは2019年2月28日、「SUUMO住みたい街ランキング2019 関東版」を発表した。総合ランキングでは「横浜」が2年連続1位となり、「恵比寿」「吉祥寺」が続いた。また、住みたい自治体ランキングでは「東京都港区」が1位だった。

生活・健康 その他
 リクルート住まいカンパニーは2019年2月28日、「SUUMO住みたい街ランキング2019 関東版」を発表した。総合ランキングでは「横浜」が2年連続1位となり、「恵比寿」「吉祥寺」が続いた。また、住みたい自治体ランキングでは「東京都港区」が1位だった。

 住みたい街ランキング調査は、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の住みたい街(駅)や自治体を明らかにし、その選択理由を把握することを目的に、2010年から毎年(2011年を除く)実施されている。2019年調査は、2019年1月4日から11日に実施。調査対象である関東圏在住の20歳から49歳の男女から、7,000件の有効回答を得た。

 住みたい街(駅)ランキング(総合)で1位となったのは「横浜(JR東海道本線)」1,211点。ついで、2位「恵比寿(JR山手線)」871点、3位「吉祥寺(JR中央線)」774点。そのほか、東京都からは5位「新宿(JR山手線)」と6位「品川(JR山手線)」、7位「目黒(JR山手線)」、埼玉県からは4位「大宮(JR京浜東北線)」と8位「浦和(JR京浜東北線)」、神奈川県からは9位「武蔵小杉(東急東横線)」と10位「鎌倉(江ノ島電鉄線)」がランクインしている。

 住みたい自治体ランキング(総合)では、1位「東京都港区」2,134点と2位「東京都世田谷区」1,737点が3位以下を離して2年連続で上位2位を占めた。そのほか、3位「東京都目黒区」1,282点、4位「東京都渋谷区」1,222点、5位「東京都新宿区」1,096点などが続いた。前回の得点と比べ、9位の「神奈川県鎌倉市」は193点、12位の「東京都武蔵野市」は119点、19位の「千葉県浦安市」は105点増加しており、郊外の自治体が大きく票を伸ばしていることがわかった。

◆住みたい街(駅)ランキング2019<総合> 関東版
1位「横浜(JR東海道本線)」1,211点
2位「恵比寿(JR山手線)」871点
3位「吉祥寺(JR中央線)」774点
4位「大宮(JR京浜東北線)」567点
5位「新宿(JR山手線)」551点
6位「品川(JR山手線)」517点
7位「目黒(JR山手線)」498点
8位「浦和(JR京浜東北線)」465点
9位「武蔵小杉(東急東横線)」453点
10位「鎌倉(江ノ島電鉄線)」448点

◆住みたい自治体ランキング2019<総合> 関東版
1位「東京都港区」2,134点
2位「東京都世田谷区」1,737点
3位「東京都目黒区」1,282点
4位「東京都渋谷区」1,222点
5位「東京都新宿区」1,096点
6位「東京都品川区」1,003点
7位「東京都千代田区」998点
8位「東京都文京区」941点
9位「神奈川県鎌倉市」910点
10位「東京都杉並区」908点
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)