【中学受験2020】筑附が定員増、2021年度に検査の教科数減

 筑波大学附属中学校は、2020年度入試の募集人員を従来の約65人から約80人に増やす。また、2021年度入試の学力検査の教科数を従来の8教科から4教科へ変更する。2021年度入試の詳細は、2019年4月以降に公表するという。

教育・受験 小学生
筑波大学附属中学校
  • 筑波大学附属中学校
  • 筑波大学附属中学校「生徒募集の変更に関するお知らせ」
 筑波大学附属中学校は、2020年度入試の募集人員を従来の約65人から約80人に増やす。また、2021年度入試の学力検査の教科数を従来の8教科から4教科へ変更する。2021年度入試の詳細は、2019年4月以降に公表するという。

 筑波大学附属中学校の入試は例年、願書受付を1月中旬、入学試験を2月3日、合格発表を2月4日に行っている。入学試験は、国語・算数・社会・理科・音楽・家庭・図画工作・体育の8教科を実施。家庭と図工は筆記問題、音楽は放送による聞き取り問題、体育は基本的な運動能力をみるための一連の運動をして評価される。実技系教科の入試内容は、いずれも小学校の授業で扱う内容を超えての出題はしないという。

 現在の小学5年生が対象となる2020年度入試では、募集人員を従来の約65人から約80人に増やす。また、現在の小学4年生が対象となる2021年度入試では、従来の8教科から4教科(国語・算数・社会・理科)へ教科数を減らす。2020年度入試まで実施する音楽・図画工作・家庭の筆記試験と、体育の実技試験は行わない。

 なお、2021年度入試の詳細は、2019年4月以降のWebサイトや学校説明会で公表するという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)