世界大学ランキング上位50校の進学者に奨学金、山口県萩市

 山口県萩市は2019年度から、世界大学ランキング上位50校の大学に進学した市内の高校卒業生に奨学金を給付する「萩市グローバル50奨学金事業」をスタートさせる。海外のほか、国内の大学も対象とし、入学準備金や授業料などを給付する。

教育・受験 高校生
萩市
  • 萩市
  • 「萩市グローバル50奨学金事業」の概要
 山口県萩市は2019年度から、世界大学ランキング上位50校の大学に進学した市内の高校卒業生に奨学金を給付する「萩市グローバル50奨学金事業」をスタートさせる。海外のほか、国内の大学も対象とし、入学準備金や授業料などを給付する。

 「萩市グローバル50奨学金事業」は、世界で活躍できる人材の育成と学力の向上を目指した新規事業。2019年度当初予算に90万円を計上した。

 対象となるのは、高校3年間萩市に住所を有し、萩市内の高校に全期間在籍し、卒業した20歳以下の人。世界大学ランキング上位50校に選ばれる国内外の大学への進学に際し、返済不要の奨学金を給付する。

 奨学金は、入学準備金として30万円を給付するほか、大学進学後も4年間にわたり、授業料などを上限額の範囲内で給付する予定。

 萩市内には現在、山口県立萩高校、山口県立萩商工高校、私立の萩光塩学院高校の3校がある。

 英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)による「THE世界大学ランキング2019」では東京大学が42位、英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、QS)による「世界大学ランキング2019」では東京大学が23位、京都大学が35位に入っている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)