京大・漢検協会、漢字学習アプリ「漢検とニュース」提供

 京都大学と日本漢字能力検定協会(漢検協会)は2019年4月1日、漢字学習アプリ「漢検とニュース」の配信を開始した。読売新聞オンラインの記事を素材として、自動作問により漢字の読み問題・書き問題を出題する。利用は無料。

教育ICT 中学生
 京都大学と日本漢字能力検定協会(漢検協会)は2019年4月1日、漢字学習アプリ「漢検とニュース」の配信を開始した。読売新聞オンラインの記事を素材として、自動作問により漢字の読み問題・書き問題を出題する。利用は無料。

 アプリ「漢検とニュース」は、京都大学と漢検協会による研究プロジェクト「人工知能(AI)による漢字・日本語学習研究」のもとで開発。読売新聞社の協力で提供された新聞記事の見出しを使用し、漢字の読み問題・書き問題を出題する。ニュース記事に日常的に触れる機会を持ちたい社会人・大学生・高校生・中学生の利用に適しているという。

 問題の難易度は5段階から選択可能。ニュースのジャンルは、「政治」「ビジネス」「文化・芸術」「健康・医学」「科学・教育」「家庭・暮らし」「スポーツ」「その他」の8種類から選択でき、解答後にはニュースページへのリンクから読売新聞オンラインのサイトで記事本文を閲覧できる。興味のあるニュース記事を通して手軽にかつ継続して漢字学習ができ、時事問題にも詳しくなれる。

 利用料は無料。App StoreまたはGoogle Playよりダウンロードできる。

◆漢検とニュース
価格:無料
対応端末:iOSおよびAndroid対応スマートフォン
対応言語:日本語
対応地域:全世界
企画製作・配信:京都大学・日本漢字能力検定協会
製作協力:読売新聞社
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)