進研ゼミ教材を用いた個人別指導教室「クラスベネッセ」が50教室達成

 ベネッセコーポレーションが運営する教室事業「クラスベネッセ」が、2019年6月3日現在、直営教室とフランチャイズ教室をあわせて50教室となった。2019年度は東名阪地区を中心に年間32教室の開発を予定。2020年春に累計教室数全国80教室を目指している。

教育・受験 小学生
クラスベネッセ
  • クラスベネッセ
 ベネッセコーポレーションが運営する教室事業「クラスベネッセ」が、2019年6月3日現在、直営教室とフランチャイズ教室をあわせて50教室となった。2018年度は年間16教室を開校し、2019年度は東名阪地区を中心に年間32教室の開発を予定。2020年春に累計教室数全国80教室を目指している。

 クラスベネッセは進研ゼミと対面での学習指導を組み合わせた新サービス。2015年にスタートし、2019年5月末現在の生徒数は約3,000名。生徒数は昨年同月比140%と成長している事業だ。

 クラスベネッセの特長は、教材として進研ゼミを活用し「自ら学ぶ力」を伸ばすレッスン。家庭学習も含めた学び方を指導することで、コーチが生徒の主体性を引き出しながら成績向上につなげる。

 オリジナルの学習管理ノートを活用し、1人ひとりへの質問を通じて行う少人数の1回80分の授業で、生徒の思考力や表現力の育成にもつなげている。また、中学生会員には個別に高校受験指導も実施して希望進路の実現を応援。教室事業としての拡大のみならず、進研ゼミの継続率向上など、通信教育事業との相乗効果も出てきているという。

 教室数は2019年6月3日現在で50教室だが、2019年7月末に59教室、2020年春までに80教室展開する予定だという。
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)