【高校野球2019夏】観戦に重宝…大会オフィシャルグッズ

 朝日新聞社と日本高等学校野球連盟は、第101回全国高校野球選手権大会のオフィシャルグッズを発売している。「クールタオル」や「ステンレスボトル」など、試合観戦に役立つグッズも登場。売上げの一部は、2023年の105回大会記念事業費にあてられる。

趣味・娯楽 その他
マフラータオル
  • マフラータオル
  • 101回大会記念球
  • クールタオル
 朝日新聞社と日本高等学校野球連盟は、第101回全国高校野球選手権大会のオフィシャルグッズを発売している。「クールタオル」や「ステンレスボトル」など、試合観戦に役立つグッズも登場。売上げの一部は、2023年の105回大会記念事業費にあてられる。

 「マフラータオル」は、ドットを基調にした101回大会オリジナルデザイン。水にぬらして軽くしぼり首などに巻くと、ひんやりとした感触が味わえる「クールタオル」は、試合観戦にもお勧め。いずれも、サイズはタテ20cm、ヨコ110cmで、価格は各1,500円。

 「101回大会記念球」は、全国大会の舞台となる甲子園球場で球児たちが実際に投げたり、打ったりするのと同じボールに、「101st」の字が刻印されている。ケース入りで、大会名とシリアルナンバーが入ったホログラムシールがついている。数量限定で、価格は3,000円。

 ほかにも、「ハンカチタオル」600円、2枚セットの「クリアファイル」500円、書類や楽譜などが入る「クリアブック」1,000円、容量500mlの「ステンレスボトル」3,000円(いずれも税込)などを発売している。

 オフィシャルグッズはWebサイトで購入できる。売上げの一部は、都道府県高校野球連盟が行う2023年の105回大会の記念事業費にあてられる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)