「トビタテ!」不採用者が対象、西オーストラリア州奨学金

 西オーストラリア州アングリカンスクールは、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】」第5期応募において、不採用となった生徒の一部を対象に奨学金を提供する。

教育・受験 高校生
トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム【高校生コース】第5期 西オーストラリア州アングリカンスクール奨学金
  • トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム【高校生コース】第5期 西オーストラリア州アングリカンスクール奨学金
  • 応募期間・選考方法・応募の流れ
 西オーストラリア州アングリカンスクールは、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】」第5期応募において、不採用となった生徒の一部を対象に奨学金を提供する。

 奨学金は、西オーストラリア州奨学金応募開始時点(2019年6月時点)で高校1年生・2年生の生徒が対象。2020年1月(1学期)以降に開始する留学計画で、留学期間は最低1年から。メインコースに入るための英語力の目安は英検2級A程度。英語力は問わず、学校が必要とする英語の基準に満たない場合は、高校進学準備コース(英語コース)から受講可能。オーストラリアの学生ビザの取得条件を満たしている必要がある。

 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】」応募時に、西オーストラリア州以外の留学地や内容を計画していても応募可能。過去の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」において不採用となった生徒も対象とする。

 応募は学校を通さず、留学を希望する保護者、生徒が指定代理店経由で応募する。応募用紙、パスポートのコピー、英語力の証明、成績証明書(英語・日本語)を提出する。所得を証明する書類は不要。

 応募期間は2019年6月1日から8月9日まで。エッセイ(日本語で可)とスカイプによる面接(おもに日本語)で選考する。スカイプ面接の実施日は8月12日から8月16日。採否結果は8月30日に通知される。また、6月から7月には東京で説明会が開催される予定。日程など詳細はWebサイトに掲載される。

 採用者には、西オーストラリア州パースの私立学校で、1年間の授業料の半分に相当する1万2,000豪ドル(約97万円・1豪ドル80円で計算)を支援する。

 西オーストラリア州政府は、教育に力を注ぎ、国際的にも認められた質の高い教育システムが確立されている。「教育都市パース」構想のもと、公立・私立の教育機関が140以上の国々から外国人留学生を迎えている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)