アルビレックス新潟、ミャンマーの子どもに届けるサッカー用品を募集

 アルビレックス新潟は、ミャンマーの子どもたちへサッカーボールやサッカーシューズ、ウェアなどを届ける「アルビレックス・ミャンマー・プロジェクト」を実施する。

教育・受験 その他
アルビレックス新潟、サッカー用品をミャンマーの子どもに届けるプロジェクト実施
  • アルビレックス新潟、サッカー用品をミャンマーの子どもに届けるプロジェクト実施
  • アルビレックス新潟、サッカー用品をミャンマーの子どもに届けるプロジェクト実施
  • アルビレックス新潟、サッカー用品をミャンマーの子どもに届けるプロジェクト実施
  • アルビレックス新潟、サッカー用品をミャンマーの子どもに届けるプロジェクト実施
アルビレックス新潟は、ミャンマーの子どもたちへサッカーボールやサッカーシューズ、ウェアなどを届ける「アルビレックス・ミャンマー・プロジェクト」を実施する。

「アルビレックス・ミャンマー・プロジェクト」は、まだ使えるサッカー用品を集め、ミャンマーの子どもたちに届ける企画だ。新潟大学アルビレックスプロジェクト主導のもと、アルビレックス新潟ミャンマーが協力する形で行っていた活動に、アルビレックス新潟が加わる形で取り組む。

今年第1回目の活動として、現地へ届けるサッカー用品を8月17日(土)に開催されるJ2リーグ第28節ファジアーノ岡山戦にて募集。まだ使えるサッカー用品に加え、アルビレックス新潟のレプリカ、応援Tシャツ、タオルマフラーなどを集め、9月に新潟大学アルビレックスプロジェクトのメンバーがアルビレックス新潟ミャンマーの協力のもと、現地の子どもたちへ直接届ける。

ブース設置日時は、8月17日(土)ファジアーノ岡山戦15:30~18:30。ブースは、デンカビッグスワンスタジアムのシャトルバス発着所(ハードオフエコスタジアム側)とEゲート前広場をつなぐ地下通路内に設置する。当日は、サッカー用品の運搬・送料に充てるための募金箱も設置する。

■集めるアイテム
・子ども用のサッカーシューズ(スパイク、トレーニングシューズなど)
・サッカーボール(4号球)
・子ども用のサッカーウェア
・アルビレックス新潟のレプリカ、応援Tシャツ、タオルマフラーなど

アルビレックス新潟、サッカー用品をミャンマーの子どもに届けるプロジェクト実施

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)