トミカ「日野 プロフィア 葛飾トラック」発売…葛飾区と開発

タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新商品として、『No.48 日プロフィア葛飾トラック』を8月17日に発売する予定だ。

趣味・娯楽 小学生
トミカNo.48 日野プロフィア葛飾トラック
  • トミカNo.48 日野プロフィア葛飾トラック
  • トミカNo.48 日野プロフィア葛飾トラック
  • トミカNo.48 日野プロフィア葛飾トラック
  • トミカNo.48 日野プロフィア葛飾トラック
タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新商品として、『No.48 日プロフィア葛飾トラック』を8月17日に発売する予定だ。

タカラトミーは2017年7月、玩具の街である東京都葛飾区と、連携・協力を進めるために協定を締結し、地域活性化を目的に様々な施策を一緒に取り組んできた。タカラトミーの本社も葛飾区だ。今年7月には、京成電鉄も交えたコラボレーション企画として、京成立石駅構内にプラレールの世界観を楽しめる特別な空間を創出し、葛飾区内の京成線各駅最寄りの8つの商店街と連携したスタンプラリーを実施している。

今回発売する日野プロフィア葛飾トラックは、この葛飾区と共同で開発した、トミカの定番140車種として初となる、市区町村とのコラボレーション商品だ。コンテナ部分は葛飾区のロゴをイメージしたブルーのボディカラーで、ロードレストには区の紋章をデザイン。車体側面には「柴又」と「葛飾納涼花火大会」の写真を、側面下部には葛飾区の花である花菖蒲を配置し、葛飾らしさを感じられるデザインに仕上げている。また、コンテナを開閉できるアクションもついている。

価格(税別)は450円。

トミカ『日野 プロフィア 葛飾トラック』発売へ 葛飾区と共同開発

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)