大学合格実績2019、男子難関校比較…東大合格者数1位は開成

 2019年の大学入試を振り返り、難関大学に合格実績のある男子校5校(開成・麻布・武蔵・筑駒・灘)の大学合格者数を比較した。東大合格者数がもっとも多いのは開成、卒業生に占める東大現役合格者の割合がもっとも高いのは筑駒だった。

教育・受験 高校生
2019年 国公立大学・大学校合格者数(男子校5校比較)
  • 2019年 国公立大学・大学校合格者数(男子校5校比較)
  • 2019年 私立大学合格者数(男子校5校比較)
  • 2019年  東京大学の合格者数(男子校5校比較)
 2019年度の大学入試を振り返り、難関大学に合格実績のある男子校5校(開成・麻布・武蔵・筑駒・灘)の大学合格者数を比較した。東大合格者数がもっとも多いのは開成、卒業生に占める東大現役合格者の割合がもっとも高いのは筑駒だった。

 開成・麻布・武蔵・筑駒(筑波大学附属駒場)・灘のWebサイトに掲載されている大学合格者数をもとに、2019年入試の大学合格者数を一覧表にまとめた。ただし、武蔵のみ私立大学は合格者数ではなく進学者数を記載している。東大合格者数のみ栄光学園と聖光学院を入れて集計した。

 東京大学の合格者数(現役・既卒の合計)は、「開成」が186人ともっとも多く、「筑駒」120人、「麻布」100人が続いた。なお、「聖光学院」は93人(うち現役は77人)、「栄光学園」は54人(うち現役は34人)。最難関とされる理科III類の合格者数は、「灘」が21人ともっとも多く、ついで「開成」「筑駒」の各10人だった。

 卒業生に占める東京大学現役合格者の割合は、「筑駒」が54.3%ともっとも高く、「開成」35.1%、「聖光学院」33.6%、「灘」26.9%が続いた。

 国公立大学医学部(東大理III含む)の合格者数は、「灘」が81人ともっとも多く、「開成」71人、「麻布」24人が続いた。防衛医科大学は「開成」20人、「灘」12人の順に多い。私立大学医学部の合格者数は、「開成」が81人ともっとも多く、「麻布」42人、「筑駒」34人が続いた。ただし、灘は私立大学医学部合格者数を公表していないため、集計に含まれていない。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)