2020年大学入試改革とは…30年ぶりの大改革

 アローコーポレーション企画・編集・発行「大学選びの新常識 2019年度版」より、高校生・受験生の親に役立つ情報を紹介する。30年ぶりの大改革、2020年大学入試改革のおさえておくべきポイントとは。

教育・受験 高校生
イメージ写真
  • イメージ写真
  • 「これまで」と「これから」
  • 「大学入学共通テスト」のこれから
  • おもな英語の民間検定とCEFR(セファール)の対照表
  • 記述式問題の形式・評価される能力
 30年ぶりの大改革となる2020年大学入試改革。グローバル化や技術革新が進み、社会で求められる力も変化している。これから大学受験を控える高校生は、どのように未来を見据え、自分に合った大学選びを進めれば良いのだろうか。

 アローコーポレーション企画・編集・発行「大学選びの新常識 2019年度版」より、高校生・受験生の親に役立つ情報を紹介する。

大学が変わる!入試が変わる!30年ぶりの大改革 2020年大学入試改革とは



 グローバル化や技術革新が進み、社会で求められる力も変化している現代。新たな時代を拓く人材育成を見据え、2020年度から文部科学省による大学入試改革が始まります。

 センター試験に代わる「大学入学共通テスト」の最新情報、推薦入試・入試の新たな動きや傾向などから、年ぶりの入試改革の全貌を解明します。
「これまで」と「これから」
「大学入学共通テスト」のこれから

大学入学共通テストがスタート!



 2020年度(2021年1月)から「大学入試センター試験」が廃止になり、新しいテスト「大学入学共通テスト」の実施が始まります。

TOPIC 1…英語に民間検定を活用。「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を評価。



 大学入学共通テストの移行にあたり、最も大きく変わるのが英語。コミュニケーション能力を重視する目的から、従来の「読む」「聞く」技能に加え、「話す」「書く」技能も評価されるようになります。そのために民間の資格・検定試験が導入されるのも大きなポイント。各検定の成績レベルは、CEFR(セファール)で評価されます。
おもな英語の民間検定とCEFR(セファール)の対照表
 ※2023年までは共通テストでも英語を実施し、大学が民間検定との併用など利用法を指定します。
 ※CEFR(セファール)って?…異なる語学検定を統一して評価するための指標。A1~C2の6段階に分かれている。

TOPIC 2…国語と数学に記述式問題を導入。長文を読解し、記述する力が重要視されるように。



 センター試験は完全マークシート方式ですが、大学入学共通テストでは国語と数学の一部で記述問題が導入されます。記述式部分は3~5段階程度の段階別で評価され、試験時間も10分~20分ほど長くなる予定です。

記述式問題の形式・評価される能力
※2024年度以降は地理歴史・公民や理科でも実施検討中。

高校生・受験生のお母さんお助けBOOK 大学選びの新常識 2019年度版 (講談社 Mook(J))

発行:講談社
編集:アローコーポレーション
はじめての大学進学を控えた高校生と保護者の方々へ――。志望校選びのタイミングだけでなく、大学進学を前にした様々な場面で必要となる「考え方」や「基礎的知識」を知ることのできる一冊です。日々進化を続ける大学の取り組みやその特徴も数多く紹介。自ら進む道を見つけるために、我が子をより確かな未来へと導く道を見つけるために、数多くの大学の紹介からきっと志望に合う一校を選ぶことができるはずです。
特集では、現在内閣府が推し進めている科学技術政策“Society5.0”について、アイドルと有識者との対談形式で解説していきます。またその中では、大学での事例や内閣府のインタビュー記事も掲載。私たちの生活が今後どのように変わっていくのかを考察します。そのほか有名人の大学進学エピソードや、様々な入試形式の解説など役立つ記事をたっぷり掲載。大学進学を前に不安を抱える皆さんが、何かヒントを得ることのできる一冊となっています。



<協力:アローコーポレーション>
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)