【高校受験2020】大分県立高入試、選抜実施要項を公表

 大分県教育委員会は2019年11月1日、令和2年度(2020年度)大分県立高等学校入学者選抜実施要項を公表した。募集人員や応募資格、選抜日程、選考方法、出願手続きなどについてまとめている。

教育・受験 中学生
令和2年度大分県立高等学校入学者選抜について
  • 令和2年度大分県立高等学校入学者選抜について
  • 推薦入学者選抜 募集人員と選抜の資料など
  • 第一次入学者選抜 募集人員と選抜の資料など
 大分県教育委員会は2019年11月1日、令和2年度(2020年度)大分県立高等学校入学者選抜実施要項を公表した。募集人員や応募資格、選抜日程、選考方法、出願手続きなどについてまとめている。

 大分県立高校の推薦入学者選抜は、2020年1月21日~24日に出願を受け付け、2月4日と5日に適性検査と面接、小論文を実施(推薦入試Bは適性検査なし)。合格の内定通知が2月5日と6日、合格者発表が3月13日。別府翔青高校グローバルコミュニケーション科、大分舞鶴高校理数科、芸術緑丘高校音楽科・美術科で実施する「推薦入試A」と、推薦入試A実施学科および爽風館高校を除くすべての学科で実施する「推薦入試B」の2種類がある。

 募集人員は、推薦入試Aが当該学科の入学定員の50%~100%の範囲で、学校ごとに定める。推薦入試Bは普通科・専門学科(久住高原農業高校農業科を除く)が入学定員の20%以内、久住高原農業高校農業科が入学定員の50%以内(そのうち、全国募集により県外から志願する者については入学定員の30%以内)、総合学科が入学定員の30%以内で、学校ごとに定める。

 大分県立高校の第一次入学者選抜は、2月17日~21日に出願、2月25日~28日に志願変更を受け付け、3月10日に学力検査、3月10日と11日に面接(実施する学校のみ)を実施する。合格者発表は3月13日。

 募集人員は、各学校の入学定員から推薦入試合格内定者数を減じた数(大分豊府高校、久住高原農業高校農業科の全国募集枠および爽風館高校は別に定める)とし、2月6日に大分県教育委員会において発表するものとする。学力検査の出題教科は国語、社会、数学、理科、外国語(英語)とし、3~5教科の範囲内で学校ごとに定めるものとする。配点は、各教科とも60点満点。各学校は必要に応じて面接を行うことができる。別府翔青高校グローバルコミュニケーション科、大分舞鶴高校理数科、芸術緑丘高校音楽科・美術科は適性検査を行うことができるが、令和2年度(2020年度)においては適性検査は行わない。

 大分県立高等学校入学者選抜実施要項ではこのほか、二次入試、連携型入試、爽風館定時制・通信制などについても確認できる。実施要項は大分県Webサイトにて掲載している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)