ジュニア部門は3テーマ「第25回文房具アイデアコンテスト」

 サンスター文具による「第25回文房具アイデアコンテスト」が、2019年11月1日より応募受付を開始した。中学生以下対象のジュニア部門では、今年のテーマ「つながる」を含む3種からテーマを選んで応募できる。応募は2020年1月31日まで。

教育イベント 中学生
第25回文房具アイデアコンテスト
  • 第25回文房具アイデアコンテスト
  • 安次富隆氏
  • ザリガニワークス
  • ヒャダイン氏
  • 木原陽子氏
 サンスター文具による「第25回文房具アイデアコンテスト」が、2019年11月1日より応募受付を開始した。中学生以下対象のジュニア部門では、今年のテーマ「つながる」を含む3種からテーマを選んで応募できる。音楽クリエイターのヒャダイン氏らがゲスト審査員として参加。応募は2020年1月31日まで。

 「文房具アイデアコンテスト」は、サンスター文具が1995年より毎年開催している公募型のコンテスト。募集はプロ・アマを問わず、毎年約4,000通の応募作品があるという。

 開始から四半世紀を迎える今回のテーマは「つながる」。一般部門とジュニア部門の2部門を設け、11月1日から2020年1月31日必着で応募を受け付ける。

 15歳(中学生)以下対象のジュニア部門では、一般部門とは別にテーマが設けられており、「ペンケース・筆箱」「国語・算数・理科・社会・図工」「『つながる』で考えてみよう!」の中から1つ選んで応募する。Web応募のほか、プリントアウトした応募用紙を用いての郵送またはFAXで応募できる。

 審査の過程や表彰式でも笑いの絶えない温かさが特長という同コンテストの審査は、プロダクトデザイナーの安次富隆氏やマルチクリエイターのザリガニワークス、音楽クリエイターのヒャダイン氏、集英社みらい文庫編集長の木原陽子氏らが務める。一般部門のグランプリ賞金は100万円、ジュニア部門グランプリには商品券10万円と副賞が贈られる。

◆第25回文房具アイデアコンテスト
応募期間:2019年11月1日(金)~2020年1月31日(金)必着
応募方法:Web応募、または応募用紙をプリントアウトし、必要項目を明記のうえ、郵送またはFAXにて応募する
審査:審査委員会にて厳正なる審査をし、発表は受賞者への連絡をもって代える
※サンスター文具Webサイトにて発表
表彰式:2020年5月31日(日)

<一般部門>
応募資格:文房具に興味を持つ一般の方および業界関係者
テーマ:つながる
対象:文房具
賞:
・グランプリ(1作品)賞金100万円
・優秀賞(4作品)賞金10万円
・審査員特別賞(4作品)賞金5万円+副賞
・サンスター文具賞(1作品)賞金5万円+副賞

<ジュニア部門>
応募資格:文房具に興味を持つの15歳(中学生)以下の方
テーマ:
A.ペンケース・筆箱
B.国語・算数・理科・社会・図工
C.「つながる」で考えてみよう!
 ※A・B・Cから1つを選択
対象:文房具
賞:
・グランプリ(1作品)商品券10万円+副賞
・優秀賞(テーマ別3作品)商品券5万円+副賞
・佳作(5作品)商品券3万円+副賞
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)