野球の投球フォーム評価するウエア、アシックスが共同開発

アシックスは、スマートアパレル「e-skin」を展開するXenoma(ゼノマ)と、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価できる「投球動作解析e-skinシャツ」を共同開発した。

生活・健康 高校生
アシックス、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価するウエアを共同開発
  • アシックス、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価するウエアを共同開発
  • アシックス、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価するウエアを共同開発
  • アシックス、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価するウエアを共同開発
アシックスは、スマートアパレル「e-skin」を展開するXenoma(ゼノマ)と、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価できる「投球動作解析e-skinシャツ」を共同開発した。

「投球動作解析e-skinシャツ」は、着用して投げるだけで投球フォームを計測できるウエアだ。体の動きを計測するモーションセンサーや、各関節部位の動きを計測するストレッチセンサーを搭載。投球で重要となる身体が開く速さや胸の張り方などの動き、見た目や映像では判別が難しい投球動作の細かな特徴を即時に抽出し、評価する。

着心地の良さと優れた洗濯耐久性を持ちながら、投球動作解析に特化。アシックススポーツ工学研究所が持つ人の形状や動きに関する知見と、製品開発を通じて蓄積してきた動作時の皮膚のひずみに関するデータなどを活用している。

投球フォームの解析は、モーションキャプチャーシステムを使用した投球動作解析が一般的だが、高価な設備を用いたり、計測環境に制限がある。また、計測を通じて得られたデータから、「身体の開き」や「胸の張り」といった具体的な表現まで落とし込んで理解するためには専門的な知見が求められる。投球動作解析e-skinシャツは、これらをふまえて共同開発した。

投球動作解析e-skinシャツは2020年より、同社が提供するベースボール能力測定プログラム「ASICS BASEBALL Lab.(アシックスベースボールラボ)」で導入予定だ。

アシックス、着て投げるだけで野球の投球フォームを評価するウエアを共同開発

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)