複合レジャーエリアで自動運転バスの実証実験…相模湖

相模湖リゾートと富士急行、ソフトバンク子会社であるSBドライブは、自律走行バス「ナビヤ・アルマ」を使った実証実験を、アウトドア施設と遊園地を組み合わせた複合型レジャーエリア、「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」で11月25日から12月1日まで実施する。

生活・健康 その他
ナビヤ・アルマ
  • ナビヤ・アルマ
相模湖リゾートと富士急行、ソフトバンク子会社であるSBドライブは、自律走行バス「ナビヤ・アルマ」を使った実証実験を、アウトドア施設と遊園地を組み合わせた複合型レジャーエリア、「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」で11月25日から12月1日まで実施する。

実証実験では、ナビヤ・アルマを、「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」の入園口から園内のテーマパーク「パディントンタウン」入り口までの約250mを運行して、来園者の移動に活用する。

将来、無人走行バスでの運行を想定して来園者を効率的に輸送するため、車両内とバス停にセンサーを設置して、相模湖リゾートの事務所から遠隔監視者が、車両内に着座した人数とバス停で待機している人数をリアルタイムに把握。センサーで検知した人数を基に、遠隔監視者がSBドライブの自動運転車両運行プラットフォーム「ディスパッチャー」で、バスの出発時刻をリアルタイムで設定する。

緊急時を除いて車内のオペレーターはバス運行に関する作業を行うことなく、効率的な運行の実現を目指す。

相模湖リゾート、富士急行、SBドライブは、実証実験で自律走行バスに関する技術や社会的な受容性、車両内の乗客数などを検知するセンサーの有用性を検証する。将来的に「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」に無人シャトルバスを導入することを目指す。

複合レジャーエリアで自動運転バスの実証実験を予定 さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)