30種類以上のリアルな体験「Go SOZO」申込開始

 Go Visionsは2020年2月11日、子どもの興味と未来の可能性が広がる体験型エデュテイメントイベント「Go SOZO Tokyo 2020 Spring」を池袋サンシャインシティ(東京・池袋)にて開催する。

教育イベント 小学生
Go SOZO Tokyo 2020 Spring
  • Go SOZO Tokyo 2020 Spring
  • Go SOZO
  • Go SOZO
  • Go SOZO
  • Go SOZO
  • Go SOZO
  • Go SOZO
 Go Visionsは2020年2月11日、子どもの興味と未来の可能性が広がる体験型エデュテイメントイベント「Go SOZO Tokyo 2020 Spring」を池袋サンシャインシティ(東京・池袋)にて開催する。

 「Go SOZO」は、未就学から中学生までの子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるほか、さまざまなワークショップや企業のプロが届けるアクティビティーを通して可能性を広げることのできる体験型イベント。2019年9月に実施した初回イベントでは、約1,100名の親子から事前申込みがあり、大きな反響があったという。2回目の開催を迎える今回はさらに規模を拡大し、小学生を中心とした子どもと、STEM教育や探求学習といった最新の教育手法に興味のある保護者、合わせて6,000名の参加を想定している。

 当日は、ロボット体験ワークショップやプロジェクションマッピング、ミラクルボディペイント体験、ドローンパイロット体験、小学生向けのMBAスクール体験など子どもの多様な興味に応えるワークショップ、アクティビティーを30種類以上用意。レゴランド・ジャパン・リゾートによる「レゴランドの特別ワークショップ」、孫正義育英財団による「世界を変える可能性を持つスーパーキッズによるイベント」、日本航空による「JAL STEAM School~翼の法則を見つけよう~」、読売新聞社による「新聞を活用した特別アクティビティー」、探究学舎による「子どもが夢中になる!未来の教育ライブショー」など、スポンサー企業も参加する。特設ステージでは子どもたちの発表イベントも開催予定。

 12月末までの事前申込みで入場無料になる(当日入場は500円を予定)ほか、Nintendo Switchやスマートウォッチ、タブレットをはじめとしたプレゼントが当たる抽選に2回参加することができる。申込みは、公式サイトにて先着順で受け付け、6,000人に達した時点で締切りとなる。イベントの詳細内容は12月中旬以降、順次公式サイトに掲載する。

◆Go SOZO Tokyo 2020 Spring
日時:2020年2月11日(火・祝)10:00~17:00
会場:池袋サンシャインシティ展示ホールA1(東京都豊島区東池袋3-1-1)
対象:3歳~15歳の子どもとその家族
想定参加者数:6,000名(先着順)
※事前申込みで人数に達した時点で締切りとなる
入場料:12月末までの申込みで無料、当日入場は500円(予定)
申込方法:公式サイトにて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)