【全国学力テスト】2020年度は4/16実施、小6・中3全員が対象

 文部科学省は2019年12月18日、令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査の実施要領を全国の教育委員会などに通知した。2020年4月16日に国・公・私立学校の小学6年生と中学3年生の全児童生徒を対象とした調査を実施する。教科は国語と算数・数学の2教科。

教育・受験 小学生
令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査リーフレット
  • 令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査リーフレット
  • 令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査リーフレット
  • 令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査リーフレット
 文部科学省は2019年12月18日、令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査の実施要領を全国の教育委員会などに通知した。2020年4月16日に国・公・私立学校の小学6年生と中学3年生の全児童生徒を対象とした調査を実施する。教科は国語と算数・数学の2教科。

 令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)は、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証・改善して、教育指導の充実や学習状況の改善などに役立てることが目的。調査は、児童生徒を対象とした「教科に関する調査」「質問紙調査」と、学校を対象とした「学校質問紙調査」を行う。

 児童生徒を対象とした調査は、2020年4月16日に国・公・私立学校の小学6年生と中学3年生(原則として全児童生徒)を対象に実施する。教科に関する調査は、小学校が国語と算数をそれぞれ45分、中学校が国語と数学をそれぞれ50分行う。

 出題範囲は、調査する学年の前学年までに含まれる指導事項を原則とする。「身に付けておかなければ後の学年等の学習内容に影響をおよぼす内容や、実生活において不可欠であり常に活用できるようになっていることが望ましい知識・技能等」「知識・技能を実生活のさまざまな場面に活用する力や、さまざまな課題解決のための構想を立て実践し評価・改善する力等」を一体的に問うこととする。出題形式は、記述式の問題が一定割合で導入される。

 文部科学省のWebサイトには、「令和2年度(2020年度)全国学力・学習状況調査リーフレット」が掲載されている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)