【大学受験2021】明治大、活用可能な英語資格・検定試験の一覧を公表

 明治大学は2019年12月17日、2021年度一般選抜(2021年4月入学)において活用できる英語資格・検定試験の一覧を公表した。スコアの証明書類は、出願する入試形態・学部ごとにおいて、2019年1月1日以降に受験し、異なる実施回の各技能スコアを組み合わせることはできない。

教育・受験 高校生
活用できる英語資格・検定試験
  • 活用できる英語資格・検定試験
  • 明治大学入学総合サイト
 明治大学は2019年12月17日、2021年度一般選抜(2021年4月入学)において活用できる英語資格・検定試験の一覧を公表した。スコアの証明書類は、出願する入試形態・学部ごとにおいて、2019年1月1日以降に受験し、異なる実施回の各技能スコアを組み合わせることはできない。

 大学のWebサイトでは、2021年度一般選抜で活用できる英語資格・検定試験(4技能測定)の一覧を掲載。学部別入学試験(商学部、経営学部、国際日本学部)は、実用英語技能検定(従来型、英検CBT、英検2020 1day S-CBT、英検2020 2days S-Interview)、TEAP、TOEFL iBT、IELTS(アカデミック・モジュール)の活用が可能。

 また、GTEC(CBTタイプ)は商学部と国際日本学部が利用可能。TOEIC L&R&TOEIC S&Wは、経営学部と国際日本学部が利用可能。ケンブリッジ英語検定は国際日本学部が利用可能。TEAP CBTとIELTS(ジェネラル・トレーニング・モジュール)、GTECの検定版とアセスメント版は3学部とも利用できない。

 また、全学部統一入学試験で英語資格・検定試験を利用できるのは、農学部、経営学部、国際日本学部、総合数理学部の4学部。実用英語技能検定(従来型、英検CBT、英検2020 1day S-CBT、英検2020 2days S-Interview)、TEAP、TOEFL iBT、IELTS(アカデミック・モジュール)、TOEIC L&R&TOEIC S&W、GTEC(CBTタイプ)、ケンブリッジ英語検定が活用できる。TEAP CBTとIELTS(ジェネラル・トレーニング・モジュール)、GTECの検定版とアセスメント版は利用できない。

 この4学部は、ほかの全学部統一入学試験において英語4技能試験を活用しない学部と同様に、英語4技能試験を活用しない方式での受験も可能。

 TOEFL iBTは「Test Date Scores」のスコアに限り、「MyBest Scores」の活用は不可。国際日本学部学部別入学試験および全学部統一入学試験でTOEFL iBTまたはTOEIC L&R&TOEIC S&Wを利用する場合は、日本国内で受験した結果のみとなる。

 なお、スコアの証明書類は、出願する入試形態・学部ごとにおいて、2019年1月1日以降に受験(実用英語技能検定については2018年度第3回のスコア以降を有効とする)し、かつ出願締切日までに提出できる1種類かつ1回のものに限る。異なる実施回の各技能スコアを組み合わせることはできない。

 今後変更があった場合はWebサイトで更新し、2020年度春に発行する「明治大学ガイドブック」で確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)