就職人気企業、1位は2年連続で商社

 学情は2019年12月23日、2021年卒学生対象「就職人気企業ランキング」を発表した。総合1位は2年連続で「伊藤忠商事」。上位50位までに総合商社が4社ランクインした。

生活・健康 大学生
「就職人気企業ランキング」トップ10
  • 「就職人気企業ランキング」トップ10
  • 総合ランキング TOP200(1~100位)
  • 総合ランキング TOP200(101~200位)
  • 男女別ランキング TOP50
  • 文理別ランキング TOP50
  • 業種別ランキング TOP5
 学情は2019年12月23日、2021年卒学生対象「就職人気企業ランキング」を発表した。総合1位は2年連続で「伊藤忠商事」。上位50位までに総合商社が4社ランクインした。

 就職人気企業ランキングは、2021年3月卒業予定の全国大学3年生と大学院1年生を対象に最大5社を選択してもらい、6,574名の有効回答をもとに集計した。調査期間は2019年6月1日~12月7日。

 就職人気企業ランキングは、1位「伊藤忠商事」、2位「JTBグループ」、3位「味の素」、4位「丸紅」、5位「エイチ・アイ・エス(H.I.S.)」。伊藤忠商事は2年連続で1位に輝いた。前年(2018年)から2位と3位は順位が入れ替わったものの、トップ3の顔ぶれは変わらず人気を集めた。

 業界別に見ると、総合商社は米中貿易摩擦の影響もあるものの業績は好調で、4位に丸紅(前年7位)、14位に三菱商事(前年11位)、50位に住友商事(46位)と、50位までに4社がランクインした。食品メーカーの人気は依然として高く、3位の味の素を筆頭にトップ50の中に13社が入った。

 また、「スポーツ・ゲーム・その他メーカー」から、トップ100に10社がランクイン。9位任天堂(前年107位)、19位アシックスグループ(同198位)、27位アディダス ジャパン(同227位)をはじめ、ランクインした10社はいずれも前年101位以下から大躍進した。2019年のラグビーワールドカップでの国内の熱狂や、2020年の五輪自国開催によるスポーツ業界への関心の高まり、eスポーツ業界の将来性への期待の高まりが影響しているという。

◆就職人気企業ランキング
1位:伊藤忠商事
2位:JTBグループ
3位:味の素
4位:丸紅
5位:エイチ・アイ・エス(H.I.S.)
6位:アサヒ飲料
7位:資生堂
8位:大日本印刷(DNP)
9位:任天堂
10位:オリエンタルランド
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)