iPhone・iPadなどに修正不能なコード実行の脆弱性

IPAおよびJPCERT/CCは、複数のApple製品で使用しているSecureROMに解放済みメモリ使用(use-after-free)の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

デジタル生活 その他
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月20日、複数のApple製品で使用しているSecureROMに解放済みメモリ使用(use-after-free)の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.7。

影響を受けるシステム(プロセッサチップA5からA11を搭載する製品)は次の通り。

iPhones 4s から iPhone X まで
iPad 第 2 世代から 第 7 世代まで
iPad Mini 第 2 世代および 第 3 世代
iPad Air および iPad Air 2
iPad Pro 10.5 インチ および 12.9 インチ 第 2 世代
Apple Watch Series 1 から Series 3 まで
Apple TV 第 3 世代 および 4k
iPod Touch 第 5 世代 から 第 7 世代

これらのシステムには、use-after-freeの脆弱性(CVE-2019-8900)が存在する。この脆弱性が悪用されると、製品に物理的にアクセス可能な第三者によって、任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、同脆弱性は読み取り専用のSecureROMに存在するため、ファームウェアアップデートなどによる対策ができないため、脆弱性のない製品へ移行するよう呼びかけている。

「iPhone」「iPad」などに修正不能なコード実行の脆弱性(JVN)

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)