外国人講師のオンラインレッスン導入…第一ゼミが3月開始

 関西を中心に展開する学習塾「第一ゼミナール」は、新中学1・2年生の英語授業内で通常の文法・読解指導に加え、外国人講師とオンラインでのマンツーマンレッスンを導入した新しい授業を2020年3月から開始する。

教育・受験 中学生
マンツーマンレッスン
  • マンツーマンレッスン
  • 文法・読解指導
  • 第一ゼミナール
 関西を中心に展開する学習塾「第一ゼミナール」は、新中学1・2年生の英語授業内で通常の文法・読解指導に加え、外国人講師とオンラインでのマンツーマンレッスンを導入した新しい授業を2020年3月から開始する。

 通常授業にマンツーマンレッスンを導入することで、英語教育における「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能の中でも特にスピーキングを本格的に強化する。外国人講師と英語で話す環境で、英語が伝わる喜びを学びのモチベーションに、「英語が楽しい、もっと話したい、もっと学びたい」という自ら進んで英語を学ぶ積極的な姿勢を育み、英語資格の取得や志望校合格、社会に出てからも通用する英語が身につくことを目指す。

 授業は、新中学1・2年生を対象に週1回・80分。外国人講師によるマンツーマンレッスン(オンライン)は月1回(25分)、全13回。外国人講師によるマンツーマンレッスンがない週の授業では、日本人講師がマンツーマンレッスンに向けた準備(ポイントを解説した予習)とレッスン後の振り返り(文法や単語の復習)を行う。テキストは学習指導要領に沿った内容で作成された教材を使用する。

 そのほか、外国人講師とのオンラインレッスンで聞く力・話す力を育成、専用アプリで英検対策を行う「新英検チャレンジコース」、速読・速聴メソッドを用いて長文読解とリスニングに特化した「速読英語」などのコースも設けている。無料体験(通常授業)や説明会、資料請求は、Webサイトから行う。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)